歯科コラム

失った歯を補う方法の1つにインプラントがあります。インプラントは残っている他の歯に負担をかけることがなく、また審美性に優れているため、インプラント治療を希望する方も年々増えています。

そのインプラント治療では、治療前に様々な検査を行うことが必要です。種々の検査を通して患者様の情報を事前に把握しておくことは、インプラント治療を正確かつ安全に行うポイントと言えるでしょう。

今回はインプラント治療に際して必要な検査や、検査の重要性についてご紹介したいと思います。

インプラントの治療前に行われる検査

インプラントの治療前に行われる検査

インプラント治療は外科手術を伴うため、治療前にいくつかの検査が必要になります。実際にどのような検査を行うのか以下に詳しくご紹介しますので、治療を受ける前の参考にしてください。

■問診


治療前にまず行われるのが問診です。問診ではインプラント治療において必要となる情報について、患者様に直接聞き取りを行っていきます。

具体的には、既往歴(これまでにかかった病気)や服用している薬の有無、アレルギーの有無などがあります。既往歴では糖尿病や心臓病、高血圧など、インプラント治療に支障のある疾患を持っていないかを確認します。また、歯科以外で薬を服用している場合、手術前に服用を一時的に止めるか、もしくは手術そのものができない場合があるので、薬の内容を正確に歯科医師に伝えましょう。

またインプラント手術では喫煙の有無も重要で、喫煙習慣のある方には必要な手術の多くが行うことができません。その場合は治療中に禁煙する意思があるかなどの確認も行います。インプラント治療は禁煙が前提だと言うことをおぼえておきましょう。

■全身検査


先の問診でインプラント治療に支障のある疾患にかかっている方や、過去に何年も健康診断を受けていない方は、全身状態を把握する検査が必要になります。

血圧の測定は歯科医院内で行えますが、血液検査や尿検査などは内科等で検査を行ってもらいます。

■口腔内診査


口腔内診査は、歯科医師が実際に口の中の状態を確認する検査です。具体的には虫歯や歯周病の有無、歯並びや咬み合わせの状態、歯ぎしりなどの咬み癖の有無、顎関節の状態、唾液の状態など、様々な項目を綿密に調べていきます。

特に歯周病はインプラント治療の成功を左右するため、歯周病に罹患していればインプラント治療前に改善を図らなければなりません。また、咬み合わせや唾液の状態なども、長期にわたってインプラントを維持するために重要な要素で、インプラント治療の適合の可否に大きく関わっています。さらに、前歯のインプラント治療を行う場合は、歯ぐきの厚みや唇の形態など、見た目に関わる審美的な診査も合わせて行われます。

■画像診断(パノラマX線撮影、歯科用CT)


画像診断とはレントゲンや歯科用CTを用いて、実際に人工歯根を埋め込む部位の骨の状態や解剖学的な位置を確認する検査です。人工歯根を骨に埋め込むには、インプラント全体を維持できるだけの十分な骨の厚みや幅、硬さがあることが最低条件になります。

また人工歯根を埋め込む部位の近くに神経や上顎洞(鼻の空洞)が存在する場合は、その位置や距離などをしっかり把握する必要があります。もしこの診査を怠れば、術後にしびれや麻痺、上顎洞の感染などのトラブルを引き起こす恐れがあります。


インプラント治療における検査の重要性

インプラント治療における検査の重要性

インプラントの治療前に行う種々の検査には、大きくわけて2つの目的があります。

1つは治療後の予後を良好にし、インプラントを長期にわたって快適に使用できるようにすることです。インプラント治療ではまず人工歯根を骨の中に埋入する手術が行われますが、この手術が上手くいくかどうかがインプラント治療の成功のカギと言っても過言ではありません。

特に人工歯根を埋入する部位の骨の状態や歯周病の有無は、治療終了後のインプラントの寿命を大きく左右します。もし事前の検査が不十分であれば、インプラントが早いうちに破損や脱落してしまったり、インプラント周囲に炎症を起こすリスクを高めてしまいます。

そして検査のもう1つの目的は、インプラント治療を安全に進めることにあります。インプラント治療は外科手術を伴うため、全身の状態を正確に把握しておかなければなりません。もしその確認にミスがあれば、術中に大量出血したり、急激に体調が変化したりと大きなトラブルを招く恐れがあります。

また、人工歯根を埋入する顎の骨の周囲は、大きな血管や神経、上顎洞などが複雑に位置しています。これらの血管や神経などを手術で傷つけてしまえば、術後に後遺症を残してしまう可能性があります。そうならないためにも、術前の検査において周囲の解剖学的な位置関係をしっかり理解しておくことが必要です。


まとめ

インプラント治療される方の多くは、今よりももっと快適な口腔環境を手に入れたいと願いながら治療に望まれることでしょう。しかしどんな治療も万能なものはなく、特にインプラント治療を成功させるためには事前に入念な下準備を行うことが重要になります。

その下準備の1つが治療前に行う様々な検査です。術前に必要な検査を十分に行うことで、インプラント治療を安全に行い、かつ生涯にわたってインプラントを快適に使っていただくことが可能になります。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!