歯科コラム

インプラント治療を安心して受けるためには、全身の健康状態が大きく関わってきます。例えば高血圧の方がインプラント治療を受ける際には、健康な方に比べてリスクが高いです。今回は高血圧の方がインプラント治療する際の注意点についてご紹介いたします。

高血圧について

高血圧について

一般的に高血圧の定義は、最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上とされています。健康診断などで血圧が高めと言われる方も多いでしょうが、血圧は1日の中でかなり変動があります。少し緊張しただけで血圧が大きく上がってしまう方も少なくありません。

よく病院で血圧を測ると高くなると言いますが、医師の前で血圧を測るという状況にプレッシャーを感じ、「高かったらどうしよう」と妙にドキドキして血圧が跳ね上がることもよくあります。

また、寝不足や疲れが溜まっているときなども、普段より血圧が上がってしまうことがあります。このように、血圧はちょっとしたことで簡単に変動し、たまたまその日の血圧が高かったというケースも考えられます。1回目は高かったが2回目は正常値だった、またその逆など、実は正確な血圧の数値と言うのはあまり存在しません。血圧を測るということは、血圧が高いか低いかといった目安を把握しておくものです。


歯科治療における高血圧の影響とは

歯科医院によっては、初診の問診時に持病や飲んでいる薬について記入する問診票があります。また初診カウンセリングにて、問診に加えて血圧測定を行うところもあるようです。自宅ではないところで急に血圧を測ることで、普段では目にしない高い数値が出ることもあり、びっくりすることもあります。もともと高血圧の方だけでなく、緊張を伴うことで血圧の数値が高くなることで、歯科治療に何らかの影響が出てしまうことも予想されます。

高血圧の方が歯科治療を受ける際に、時々起こることは、抜歯での麻酔後や処置後の気分の悪さです。親知らずや悪くなった歯を抜くことは歯を削るのと違い、一種の緊張感を覚えるものです。緊張を覚えると、血圧はいつもより10~30ほど上昇します。そして無事に処置を終えた後、安堵感からか血圧が低下し、ふらつきや目まいなど、気分の悪さを訴える方も少なくありません。高血圧の方は特に注意が必要です。

歯科用麻酔液の中には、血圧が上昇する成分を含むものもあります。高血圧の方に局所麻酔を打つときは、途中で気分が悪くないか声をかけたり、麻酔液を高血圧の方向けのものを使用したりするなどの配慮が必要とされています。このように、歯科医院で高血圧かどうか把握しておくのは、治療中に思わぬ事態が起きた時にきちんと対処できるようにしておくためでもあります。


インプラント治療と高血圧

インプラントは抜歯とは異なり、外科手術を行います。所要時間も30分~1時間程と、通常の治療よりも時間を要します。緊張感も、抜歯に比べてより高まるでしょう。このようなインプラント手術ですが、血圧が非常に高い場合、インプラント手術は難しいと判断される場合があります。高血圧患者のインプラント治療で問題となる点は、手術中の血圧上昇です。

高血圧とわかっていながら何の準備もせずインプラント手術を行うと、緊張感から通常よりもさらに血圧が高くなる可能性があります。190mmHgを超えると、気分が悪くなるだけでなく、脳出血などの恐れも出てしまいます。高血圧の方であっても、内科で降圧剤を服用する、普段の食事に気を付けるなどの血圧コントロールができている方は大きな問題にはなりませんが、血圧コントロールがされていない方のインプラント手術は、事前の対処が必要になります。


血圧が高い方には「静脈内麻酔」が有効

血圧が高い方には「静脈内麻酔」が有効

では血圧が高く、血圧コントロールが出来ていない方はインプラント手術が不可能なのでしょうか。高血圧の方が安心してインプラント手術を受ける方法として、「静脈内麻酔」という方法があります。

この静脈内麻酔とは、点滴のように血管に麻酔液を入れる方法です。麻酔は血管に入れてからおよそ5~10分くらいで効き目が表れてきます。通常の局所麻酔は意識が薄れることはありませんが、静脈内麻酔は血管から麻酔を流すため、手術中は眠っているような状態になります。このため手術中の血圧の大きな上昇を抑えるという効果が期待できます。

また手術中は血圧測定を行っているため、常に血圧の変動を把握できます。このように、高血圧だからインプラント治療が不可能というわけではありません。大切なことは、患者様ご自身の体調や血圧を把握し、歯科医院がそれに適する応対を行うことです。

なお静脈内麻酔はどの歯科医院でも行っているわけではありません。静脈内麻酔によるインプラント手術を考えている方は、設備が整っており、実績のある歯科医院を選ぶことが大切です。また歯科医院とかかりつけの内科医との連携を取りながら治療を受けることも、安心してインプラントを受けるためにもとても大切なことです。


安心してインプラント治療を受けるために

高血圧などの持病がある方は、その旨をきちんと歯科医院に伝えることが大切です。飲んでいる薬がわからない場合でも、高血圧であることを歯科医院側が把握することで、患者様にあった治療を行うことができます。いちばん怖いのは、「今現在の状態が全く分からない」ということです。歯科医院側は、患者様の全身状態を把握して慎重かつ安全に治療を進めていくため、患者様ご自身が、現在の体調を把握しておくこと大前提となるのです。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!