歯科コラム

虫歯や歯周病というのは、インプラント治療に影響を及ぼすのでしょうか?インプラント治療を受ける場合のほとんどは、虫歯や歯周病で歯を失ったケースというのがほとんです。それゆえ、それらの原因はインプラントにどのような影響を及ぼすのか、また、インプラントを予定している場合に、周囲の歯の虫歯や歯周病がインプラントに悪い影響を与えないだろうか、と気になっている人もいるかと思います。そこで今回は虫歯と歯周病が、インプラントに対してどのような影響を与えるのかについてご紹介していきたいと思います。

インプラントに虫歯や歯周病はうつるのか

インプラントに虫歯や歯周病はうつるのか

虫歯や歯周病はインプラントにうつることがあるのでしょうか?インプラントはチタン製の人工歯根ですので、虫歯になることはありません。ですが、骨や歯茎と結合しているインプラントは、その結合部分が歯周病細菌に感染してインプラント周囲炎になってしまうことがあります。これはインプラントでいう歯周病です。つまり、お口の中に虫歯を作る元になる虫歯菌があっても影響は受けませんが、歯周病菌があるとそれがうつってしまうことはありえます。

虫歯で歯を失った場合のインプラント

虫歯で歯を失った場合、その虫歯がどんな状態であったかによって、インプラントへの影響が変わってきます。もし虫歯深かった歯でも、歯根の周囲が化膿しておらず、骨がしっかりとしててきれいであれば、問題なくインプラントを行うことができます。それだけでなく、抜歯をした直後にインプラントを行う「抜歯即時インプラント」をすることさえも可能です。ですが、虫歯が原因で歯根の周囲に膿の袋ができている場合、インプラントを即日埋めるのは感染のリスクがあるため、通常は控え、ある程度抜歯した傷が治ってきてからインプラントを埋め込みます。そしてもしも、歯根周囲の膿の袋が大きく、それが骨を大きく破壊している場合、インプラントを行うのに十分な骨がないことが多く、そのような場合は骨を増やす補助手術を行わなければなりません。

歯周病で歯を失った場合のインプラント

歯周病で歯を失った場合のインプラントはシビアなケースが多いと言えます。それはなぜかというと、歯周病というのは歯を支える骨が溶けてしまう病気であるため、歯周病で歯を失った部分にインプラントを埋めようとしても、骨が足りない場合がほとんどだからです。骨が足りない場合、骨を増やす治療でインプラントは可能ですし、また、骨が少ない場合でも可能なインプラント法がないわけではありません。ですが、もともと歯周病になって歯を失った部分にインプラントを埋め込んだとしても、以前と同じような歯のケアを行っていれば、歯を失ってしまったのと同様にインプラントも失ってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

インプラントを行う周囲に虫歯がある場合

インプラントを行う周囲に虫歯がある場合

インプラントに虫歯ができることはないのですが、もしもインプラントを行う周囲の歯に虫歯がある場合、困るケースもあります。例えば、インプラントを行う周囲の歯にひどくなったまま放置された虫歯があったり、神経処置済みの歯が膿を持って、歯や歯茎から膿が排出されている場合、インプラントは細菌感染を起こして、抜け落ちる危険性があります。また、違うケースでは、虫歯があり、その虫歯の部分が噛み合わせに関与する場所である場合、インプラントを埋める前に先立って虫歯の治療を終わらせて噛み合わせをしっかりと整えておく必要があります。

インプラントを行う周囲に歯周病がある場合

インプラントを行う周囲に歯周病の歯があると、お口の中の歯周病菌の数は多くなっていますので、インプラントも歯周病になってしまう危険性があります。歯周病というのは、1本単位で進むというよりは複数の歯が同時にかかっていることが非常に多いものです。そのため、インプラントを埋め込めたとしても、周囲の歯の歯周病がコントロールされていなければ、またインプラントの部分も歯周病菌によってやられてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

インプラントを長持ちさせるには以前のケア方法ではNG

「歯がなくなったらインプラントがあるから大丈夫でしょ」、と気軽に考えている人もいるかもしれません。ですが、歯を失ったのにはそれなりの理由があり、その時と同じようなケア方法を続けていれば、インプラントもだめになってしまう可能性があります。また、インプラントを入れようと思っても、虫歯や歯周病を治すことなくインプラントすると、様々なトラブルを起こす可能性があります。それゆえ、インプラントをしたいと思ってもすぐにインプラント手術が行われず、まずは虫歯や歯周病があれば、そちらの治療が優先されることも多いですが、それはインプラントを長持ちさせる上ではとても大事なことです。歯を失うという事態は突然やってくることも多いものです。まずは常日頃から歯を失わないよう、歯のケアをしっかりやっておくようにしましょう。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!