歯科コラム

歯科金属が金属アレルギーを起こす原因になっていることは皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。もちろんお口の中に金属を入れたからといって、すべての人が金属アレルギーになるわけではなく、全く問題なく過ごせている人もたくさんいらっしゃいます。ですが、金属アレルギーというのは、それまでずっと大丈夫だったのに、急になってしまうこともあり、体の様々な不調の原因になることもあります。そのため、最近ではそのような理由から金属を使わない治療を希望する人が増えてきています。そんな人にとって、金属を使用するインプラントは「避けるべき治療」と捉えられているかもしれません。実際のところ、インプラントは金属アレルギーを起こすものなのか、見ていきましょう。

インプラントに使用される「チタン」は生体親和性の高い金属

インプラントに使用される「チタン」は生体親和性の高い金属

インプラントは金属を使用しますが、それは銀歯などの歯の治療に使用される金属とは全く別物で「チタン」と呼ばれるものです。チタンは生体親和性(体に害を及ぼさない性質)が高い金属と昔から知られており、医療の現場では心臓のペースメーカーや、骨折した際に埋め込むボルトや人工関節の材料として広く活用されています。また、身近なところでは、金属アレルギーを起こしにくいピアスや腕時計としても使用されています。

歯科で使われる金属がアレルギーを起こしうることが問題になっていますが、それらの原材料になっている金属でアレルギーを起こす主なものは、ニッケル、クロム、コバルト、銅、インジウム、イリジウム、パラジウムなどです。

一方チタンは非常に水に溶け出しにくく、性質として安定しているため、金属アレルギーを起こしにくい金属として知られており、その理由からも体に埋め込まれる材料として選択されているのです。

金属アレルギーのある人でもインプラントは大丈夫?

金属アレルギーだからといってすべての金属に反応を起こすというわけではありません。アレルギーを起こしやすい金属もありますし、そうでないものもあります。チタンはその中でも特にアレルギーを起こしにくいものです。ですが、稀にチタンでも金属アレルギーを起こすケースがあるようです。そのため、インプラントに興味のある方で金属アレルギーのある方は、念のために歯科医師にその旨を伝えておきましょう。チタンにアレルギー反応を起こす可能性があるかどうか、事前に検査をして調べておくことができます。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状

お口の中の金属が原因でアレルギーを起こす場合、どのような反応が見られるのでしょうか。歯科金属アレルギーの特徴として、口の周辺だけでなく、体の全く関係ない部分にも反応が出るため、時に非常にわかりづらいという特徴があります。例えば次のような症状が代表的です。

■金属アレルギーの症状:口周辺に現れる症状


●口の内部や外部に現れる炎症、ただれ
お口の中の金属は常に唾液と触れ合っているため、金属イオンとなって唾液中に溶け出しやすく、たんぱく質と結びついて抗原となり、金属近くの口の中の粘膜がただれたり、しょっちゅう口内炎を作ったり、口の端が切れる口角炎を起こしたりなどの炎症を起こすことがあります。

●味覚異常
舌の表面にアレルギー反応によるダメージが加わると、味がわかりにくくなるなどの味覚異常が出ることがあります。

■金属アレルギーの症状:全身に現れる症状


●掌蹠膿疱症(手の平、足の裏)
金属が唾液中にイオン化して溶け出し、汗と一緒に皮膚から出る時にアレルギー反応を起こします。手の平や足の裏というのは汗をかきやすく、その部分に膿の袋や水疱のような症状を起こすものを掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と言い、金属アレルギーの場合によく見られます。

●皮膚炎
全身のいたる部分にも同様に、汗となって出てくる場所に湿疹やアトピー性皮膚炎のような症状を起こすことがあります。

このように、金属アレルギーは全身症状として現れる場合、口の中の金属アレルギーが原因だとは思われずに、原因特定されないまま、その症状で苦しんでしまうことが珍しくありません。もしも、原因不明の皮膚症状があり、口の中に金属が入っている場合には、一度金属アレルギーのテストを受けてみたほうがよいかもしれません。

もしもインプラント後にアレルギーが起こってしまった場合

もし、インプラント治療後に金属アレルギーと思われる症状が出た場合、まずは歯科医師に相談後、皮膚科でパッチテストを受けてみる必要があります。もしもそれがチタンアレルギーであることがわかった場合は、インプラントを除去しなければ症状は落ち着きません。インプラントを取り除いた後は、傷の治りを待って、金属を使用しないブリッジや金属を使用しない入れ歯で歯を補う治療を行うことになるでしょう。でもできれば、せっかくインプラントをしたのに取り除くということにはしたくないものです。そのためにも金属アレルギーのある人は、インプラントを受ける前に担当医に伝えて検査を受けておくことが大切です。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!