歯科コラム

歯を失う原因になりうる病気として虫歯や歯周病が挙げられます。虫歯は重度になると歯自体が崩壊してしまうという理由、歯周病の場合は歯を支えている周囲の組織(骨や歯茎)が溶けてしまい歯を支えられなくなるという理由で歯を失うことになります。歯周病で歯を失った場合、周囲組織が破壊されているのにその部分にインプラントを立てることが可能なのだろうか?と疑問に思う人もいるかと思います。今回は、歯周病の人はインプラントを受けることができるのか、について見ていきたいと思います。

歯周病でもインプラントは可能です

歯周病でもインプラントは可能です

日本の成人の8割は歯周病にかかっている、もしくはその予備軍だと言われています。つまり大人のほとんどは歯周病にかかっているということになります。もし歯周病にかかっている人がインプラントを受けられないのであれば、日本ではほとんどの人がインプラント治療を受けられない、ということになってしまいます。しかし、安心してください。たとえ重度の歯周病の方でもきちんと手順を踏んで行えば、インプラント治療を行うことが可能です。しかし、歯周病の人がインプラント治療を受ける場合、いくつか注意すべき点があります。詳しく見てみましょう。

歯周病の人がインプラントを受ける際の問題点

歯周病の人がインプラント治療を受ける場合、次のような問題点があります。

■骨が失われてしまっている

歯周病は周囲の骨が破壊されてしまう病気です。そのため、歯周病で歯を失ってしまった場合、その後インプラントをするのに十分な骨がない、ということがよくあります。一昔前は歯周病で大きく骨を失ったような場合、インプラントが不可能だとされていましたが、現在では骨を増やす技術が進歩し、インプラントを埋めることも可能になってきています。ですが、骨を増やす治療にはその分費用が余計にかかりますし、骨を増やす手術も必要になるので体に負担がかかること、そして新しい骨ができるまでに期間も必要になりますので、治療期間が通常よりも長くかかってしまいます。

■歯周病をしっかり治しておくこと

歯周病の人はインプラントを行う前に、歯周病の治療をしてしっかりと治しておくことが必要です。歯周病は歯周病細菌が原因で起こる感染症です。特に歯周病で歯を失った人は要注意です。インプラントは人工物であり、虫歯になることはありませんが、骨や周囲組織とインプラントの結合部分から歯周病細菌が感染し、歯周病にかかることがあります。インプラント周囲に起こる歯周病をインプンラント周囲炎と呼びますが、歯周病で歯を失った人は高確率でこのインプラント周囲炎にかかる危険性があるのです。そのため、歯周病にかかっている人がインプラント治療を受けようとする場合、まずは歯周病にかかっている歯を徹底的に治療してからインプラント治療に臨む必要があります。

また、インプラントは噛み合わせの調整が非常にシビアです。歯周病でぐらぐらしている歯、噛み合わせが安定していない歯などがあると、インプラントの噛み合わせに悪い影響を与えてしまう可能性があるため、そのような歯がある場合にも治療して噛み合わせの問題を解決しておく必要があります。

インプラントを入れた後も念入りなケアが必要

インプラントを入れた後も念入りなケアが必要

歯周病をしっかりと治療し、骨が足りない部分に骨を増やす治療をして無事インプラントを埋め込んだ後にも油断は禁物です。歯周病というのは初期の場合を除いて、完治するものではありません。歯周病にかかってしまった場合、治療が「これで終了」ということはないのです。インプラントを入れた後も継続したケアというのは必須になってきます。

歯周病のケアは簡単に言えば、歯やインプラント周囲をきれいに清掃することですが、それには家庭での毎日のお手入れ、そして定期的な歯科医院でのクリーニングが必要になります。これだけ聞くと、天然歯のお手入れと何も変わらないですね。基本的には天然歯を健康に保つためのケアと同じように手入れをすれば良いのですが、実はインプラントの場合、天然の歯よりも感染に弱いという弱点があるので、より一層丁寧なケアが必要になります。それは天然歯と周囲組織の結合の仕方とインプラントのそれには違いがあるからです。

■インプラントが天然歯よりも感染に弱い理由

インプラントは骨としっかりと結合するのですが、天然歯の場合と違って骨との間に歯根膜という組織がありません。つまり血流がその分少なくなるため、免疫力がうまく働きにくく、感染が起こると一気に進行してしまいやすい傾向があります。また歯茎との結合の仕方も天然歯に比べて弱く、歯茎に感染が起こるとそれが深部に行きやすい弱点もあります。そして、インプラント周囲炎の場合、歯茎の腫れや出血などの歯周病特有の症状がでにくいため、患者さん自身が自覚できず、治療が遅れてしまいがちというのも悪化しやすい理由の一つです。

このように歯周病の人がインプラントを受ける場合というのはより注意が必要になります。ぜひ参考にしてみてください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!