歯科コラム

歯を失うと「どの治療法で歯を補おう?」と誰しも悩むものです。歯がきちんと揃っている時には歯を失った時のことなど通常は考えませんので、急に歯を失うことになった人ほど急に選択を迫られ、なかなか冷静にどの治療法が良いか考えられないかもしれません。今回は歯を失うことになった場合に迷うことの多い、インプラントと入れ歯について、両者の違いについてご紹介していきます。

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合の治療法としては大まかに入れ歯、ブリッジ、インプラントが挙げられます。それぞれの治療法は全く異なりますが、入れ歯は1本失った場合から全てを失った場合までオールマイティーに、ブリッジは歯と歯を削ってつなぐ必要性があることから、比較的少数の歯を失った場合にのみ適用されます。インプラントの場合は入れ歯のように1本失った場合から全て失った場合に対応可能ではありますが、治療が適用されるかどうかは骨の条件や健康状態などによっても違ってきます。

歯を少数失った場合にはよく、ブリッジかインプラントで悩むことになりますが、多くの人が費用などの理由からブリッジにする傾向があるようです。歯を多く失った場合には入れ歯かインプラントで迷うことになります。それでは歯を失ってインプラントにした場合と入れ歯にした場合とではどんなことに違いが出てくるのか、見ていきましょう。

歯を失ってインプラントにした場合、入れ歯にした場合の違い

歯を失ってインプラントにした場合、入れ歯にした場合の違い

インプラントと入れ歯には次のように様々な違いがあります。もし迷っている方は参考にしてみてください。

■噛み心地

インプラントにした場合、人工歯根が骨としっかりと結合するため、天然歯に近い噛み心地を得られますが、入れ歯の場合にはプラスチックの人工歯が歯茎の上に乗っかっているだけなので、どうしても天然歯のように噛める、というわけにはいきません。天然歯を100とすると入れ歯の場合には良くて20〜30くらいだとよく表現されます。

■違和感・痛み

インプラントがしっかりと固定された後は、自分の体の一部のようになるため、特にインプラント周囲の組織に感染が起こって炎症が起こるなどない限り、噛んだりしても痛みは起きません。しかし、入れ歯の場合、歯茎と入れ歯の間に細かい食べかすが挟まったり、少し歯茎が炎症を起こしたりすると、その部分が強く当たって痛みを起こすことがあります。

■手術の有無

入れ歯の場合には治療に取り掛かる前に手術などは必要なく、どんな人にも対応できますが、インプラントの場合にはインプラントを骨に埋め込む必要があるため、歯茎を切開し、骨を削る、という手術が必要になります。そのため、重度の全身疾患がある人の場合には、健康状態を考え、手術が勧められない場合もあります。また、インプラントは成長途中の子供や手術や投薬のリスクが伴う妊婦さんにも行うことができません。

■治療期間

入れ歯は種類によって回数が変わる場合もありますが、だいたい型取りをして3、4回くらいの通院で出来上がります。そのため、完成までにそれほど期間を要しません。一方インプラントの場合、インプラントを埋め込んでから骨と結合するまでに通常3ヶ月〜6ヶ月ほどはかかりますので、治療開始から完成まで数ヶ月かかることになります。骨が足りない場合に骨を増やす手術をした場合にはさらに数ヶ月治療期間がかかります。

■周囲の歯への影響

入れ歯は部分入れ歯の場合、金具などで周囲の歯に固定して使います。その場合、支えになる歯には強い揺さぶりの力がかかることになります。そのため、固定源の歯にダメージがかかりすぎて虫歯や歯周病にかかりやすくなる、ということが起こりがちです。その点、インプラントは単独で歯を入れることができるため、周囲の歯を傷めることがありません。

■審美面

入れ歯に関して、総入れ歯の場合には、審美的に問題にならないことが多いですが、部分入れ歯の場合には金具が前歯や手前の奥歯にかかると見た目が悪くなることがあります。インプラントに関しては奥歯に関しては特に問題になることはありませんが、前歯の場合には歯茎の位置が下がったりすると老けて見える原因になることもあります。そのため、前歯のインプラントに関しては特に熟練した歯科医師による治療が望まれます。

■お手入れ方法

入れ歯は取り外して洗う必要がありますので、その点が面倒だと感じる人もいますが、目で見て汚れを落とせるので、衛生的であるとも言えます。インプラントの場合、自分の歯のように埋まっていますので、基本的に自分の歯のお手入れをするように磨けば良いですが、天然歯よりも感染に弱いため、より念入りにお手入れをする必要があります。

■どのくらい持つか?

入れ歯はだいたい数年で合わなくなったり、壊れたり人工歯が磨り減ったりなどで新しく作り直すことが望まれます。一方インプラントの場合は、お手入れがよければ数十年持たせることも可能です。

■使用後のトラブル

入れ歯は壊れたり、割れたり、人工歯が磨り減ったりということなどの他に、骨や歯茎が痩せてしまいやすいという欠点があります。インプラントの場合は、お手入れが悪いとインプラント周囲が感染を起こして、最悪インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。また、噛み合わせの調整をしっかりと行なっていないと人工歯が割れてしまうこともあります。

■費用

入れ歯の場合、保険適用だと数千円から高くても1万円台くらいで作ることができますが、自費のものになると100万円を超えるものもあります。一方インプラントは保険がきかないため、1本30万円以上するのが通常です。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!