歯科コラム

歯のインプラント治療というのは、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋めて人工歯をかぶせ、噛む機能、見た目を回復する治療法です。一旦埋め込んで噛めるようになると、その快適さ、自然な噛み心地や見た目から、それが人工物であることを忘れてしまう人も多いようです。しかし、インプラントがまるで天然歯のように機能すると言っても、その構造、骨や歯茎とのくっつき方というのは天然歯と違いがあり、その特徴に気をつけてお手入れをしないと、口臭の原因になってしまうことがあります。今回はインプラントが口臭の原因になってしまう場合とはどのようなものか見ていきたいと思います。

インプラントが口臭を引き起こすのはこんな時

インプラントが口臭を引き起こすのはこんな時

インプラント部分から変な味がしたり、口臭がする場合、それはあまり良くないことが起こり始めている前兆だと言え、早急に対処する必要があります。インプラントが口臭を引き起こす場合、次のようなことが原因として考えられます。

■インプラント周囲のプラーク(歯垢)、歯石

天然の歯の場合でも、歯と歯茎の間というのは非常に歯垢や汚れがたまりやすい場所です。インプラントの場合、外から見た場合だと天然歯と変わりがないように見えますが、実は人工歯根部分と被せ物の間には天然歯にないような細かい段差があります。また歯茎の溝も天然歯に比べると深くなるため、その部分に非常に歯垢がたまりやすく、また、歯垢が唾液のミネラル成分によって硬くなると歯石となり、その部分に細菌が溜まりやすくなって口臭の原因になります。

■インプラントのネジが緩んだなど

インプラントは天然歯と違い、全てが一つの塊ではありません。通常、歯根部分と歯冠部分(歯の頭の部分)、そして、それを繋ぐ接合部から成っています。インプラントを入れる際にはそれらを緩みなく、しっかりと固定しますが、使っているうちになんらかの原因によって、接合部分が緩んでしまうことがあります。そうすると、その緩んだ部分に細菌が繁殖し、悪臭を放つようになる場合があります。

■インプラント周囲炎

インプラントは人工物ですので、虫歯になることはありませんが、歯周病になることはあります。歯周病は歯周病細菌による感染症ですが、インプラントと歯茎の間の溝にも感染を起こすことがあります。インプラント周囲の歯周病は「インプラント周囲炎」と呼ばれ、放置して進行すると歯周病同様、歯(インプラント)を失う原因となります。

歯周病にしても、インプラントにしても、歯茎との間の溝に歯周病細菌が繁殖し、その細菌が出す毒素が徐々にその周囲の骨を溶かして行くのですが、初期の段階である「歯肉炎」「インプラント周囲粘膜炎」の段階では歯茎の炎症のみであり、それほど口臭は出ません。この段階で出てくる症状としては歯茎の赤み、腫れ、歯茎からの出血などですが、この状態を放置すると、徐々に奥にある骨が破壊され始め、歯茎の溝がだんだんと深くなります。歯茎の溝が深くなると、空気を嫌う細菌が多く繁殖するようになり、この細菌の出すガスの悪臭、そして、炎症によって出てくる膿の匂いによって口臭がひどくなってきます。そのため、ひどい口臭がする場合にはかなり骨の破壊が進んでいることが考えられ、早急な対処が必要になります。

インプラントは天然歯よりも入念なケアが必要

インプラントは天然歯よりも入念なケアが必要

インプラントはよく天然歯と同じように例えられるのですが、その構造上の理由、周囲組織との結合の仕方の違いから、細菌感染に対しては弱いということが言え、そのことを十分に知った上でケアをしていく必要があります。特に歯周病で元々の歯を失ったという人は、よほど気をつけてインプラント周囲のお掃除をしていないと、また同じことの繰り返しになってしまう危険性があるので要注意です。

インプラント周囲炎を防ぐためには、次のようなことに注意しましょう。

■正しいブラッシング法でこまめなケアを行う

インプラント周囲炎を防ぐためには、いかに自分でケアができるか、ということが大事です。歯はただ磨けば良い、というものではありません。正しい磨き方をしてこそインプラント周囲炎を予防することができますので、歯科医院でしっかりと指導を受けることが大切です。

■定期的に歯科医院でクリーニングを受ける

家庭でのケアだけでは、どうしても磨き残しが出てしまうものです。決められた間隔で歯科を受診し、隅々までクリーニングを受けましょう。

■定期的に噛み合わせをチェックしてもらう

インプラント周囲炎を防ぐためには噛み合わせに負担をかけないことも大事です。インプラントは天然歯と骨とのくっつき方が違うため、噛み合わせのダメージを受けやすく、それが骨の破壊につながりやすい弱点があります。そのため定期的に噛み合わせのチェックを受けるのも欠かしてはなりません。

■異変を感じたらすぐに歯科医院を受診する

違和感を感じたり、変な味や匂いがする場合、なんらかの異変が起こっている可能性があるため、早めに歯科を受診しましょう。

吉岡歯科医院では定期的にインプラントの念入りなチェックを行い、万全な状態を保てるようにしていますが、何か気になる症状などありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!