歯科コラム

「歯がダメになったら、もしくは抜けてしまったら、インプラントをすればいい」と考えている人もいることでしょう。インプラントは歯を失ったところにチタン製の歯根を埋め込む治療で、患者さんの満足度も高く、とても良い選択肢の一つです。しかし、場合によってはインプラントをしなくても「歯の移植」や「歯の再植」という方法で解決できる場合もあります。今回はインプラント、歯の移植、歯の再植について、それぞれどんなケースで行われるのか、それぞれの特徴について比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

歯が抜けた場合の治療法

歯が抜けた場合の治療法

歯が抜けた場合の治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯というものがよく知られており、ほとんどの場合はこれらのいずれかを選択していくことになります。ですが、それ以外の選択肢として、できる症例は限られていますが、歯の移植、歯の再植というものがあります。歯の移植、歯の再植は、ブリッジや入れ歯のように何か特別な装置を入れる治療ではなく、あくまでも自分の歯を利用して、自然な見た目で治療をすることができます。そのため、もし可能であればインプラントなどの治療を行う前に、これらの治療を試みてみるのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

インプラントとは

インプラントとは、自分の歯ではなく、チタンでできた人工の歯根とその上にかぶせるセラミックに代表される被せ物から成ります。インプラントを埋め込む際には、骨に穴を開けてねじ込むように埋めていきます。チタンは骨と結合する性質を持っているため、結合した後は骨と強固にくっつき、一体化します。きちんとお手入れをし、歯科医院でのメインテナンスを受ければ、数十年とかなり長く持たせることも可能です。インプラントは現在のところ保険適用がなく、自費治療となるため、他の歯を補う治療に比べればかなり高額になります。

歯の移植とは

歯の移植というのは、虫歯などで歯を失った場所に、健康な状態で生えている親知らずや、歯並びから外れてしまっている歯などを移植する、つまり有効利用する方法です。特に健康な状態で生えている親知らずがある場合には特にオススメの方法です。ブリッジのように周囲の健康な歯を削ることなく、入れ歯のように金具がかかって違和感があるということもなく、インプラントのように、高額な人工物を入れるということもなく、あくまでも「自分の歯」という天然の歯を利用できるというメリットがあります。しかし、どんな親知らずでも利用できるわけではなく、根っこが極端に曲がっていたり、肥大していたりなど、すんなり抜けないケースでは歯を分割しなければ抜けないため、、移植の歯としては使えない場合もあります。治療費に関しては、保険がきくケースときかないケースがありますが、保険が効かないケースであってもインプラントよりはかなり治療費を抑えることができます。

歯の再植とは

歯の移植とは

歯の再植というのは、一度抜いた歯を元の位置に戻すことを言います。例えば、歯をぶつけると歯が脱臼してしまうことがあります。脱臼とは完全に抜けてしまうことなのですが、この抜けた歯を元の位置に戻すことで、また再度くっつくのです。また、歯の歯根の周囲に膿の袋ができていて根の治療をしても治らないなど、歯根の状態が悪い時に、一度抜歯をして直接膿の袋を取り除き、元の位置に埋め直す、というようなことを行う場合もあります。これによって、かなり状態の悪かった歯を抜かずに救済することも可能になります。

このような措置を歯の再植と呼びますが、こちらは保険適用となります。注意事項として、歯をぶつけて脱臼させてしまった場合、歯科医院へ持って行ってすぐに元の位置に戻す必要があります。その際、歯根の周囲にある歯根膜が汚れていたり、傷つけてしまうと、きちんとくっつかなくなる危険性があるため、歯根部分には触らず、生理食塩水か牛乳に入れ、速やかに歯医者へ持っていきましょう。

歯の移植、再植の予後は?

歯の移植は、それまで使われていなかった歯を有効利用できるという点で、大変メリットがあり、あるスタディグループが行った分析によれば、移植後、平均で14.6年間持った、そして10年生存したケースは全体の73.6%に及んだという結果が出ています。そのため、もしも役に立っていない健康な親知らずがある場合には、インプラント治療を考える前に移植をためしてみる、というのもいいかもしれません。

再植は本来、一度抜けてしまった、もしくはほぼダメになった歯を救済できる素晴らしい方法だと言えます。こちらに関しては、再植した場合の平均的な残存年数はだいたい10年くらいとよく言われます。しかしケースバイケースなので、それほど持たない場合、それよりも長く持つ場合、様々であると言えます。

移植にしても再植にしても、成功するケースが多いとは言えますが、全てがうまくいくとは限りません。中には骨にきちんとくっつかずに脱落してしまったり、骨と歯根が癒着してしまったり、などのトラブルが起こることもありますので、その可能性を踏まえた上で治療を受ける必要があります。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!