歯科コラム

吉岡歯科医院では複数のインプラントシステムを採用することで、多種多様なケースに最適なインプラントが提供できる体制を整えています。今回は、当院が扱っている国内メーカー、GCインプラントについてその優位性についてご紹介していきます。

GCインプラントとは

GCインプラントとは

GC(ジーシー)は国内で最大手の歯科医療材料・機器を取り扱うメーカーであり、世界的にも多くの製品を提供していることから、広く名を知られている一流メーカーです。GCインプラントは純国産インプラントで、GCの他製品のように、その高品質で高い性能は日本だけでなく、世界中でも高い評価を受けています。

歴史的には大御所のブローネマルクシステムやストローマンインプラントにはかないませんが、25年以上のインプラントに関する研究、開発における実績、国内大手メーカー製造という安心感、信頼度というものは大きな価値があります。GCインプラントの特徴として、世界の大手インプラントシステムのあらゆる良い点を兼ね備えている、バランスのとれたインプンラントシステムであるということが言えます。

GCインプラントのいいところ

GCインプラントのいいところ

■高い骨結合を実現するAnchor surface(アンカーサーフェス)

GCインプラントの大きな利点は、骨の質を選ばずに、あらゆる骨のタイプに対応できる優れた骨結合(オッセオインテグレーション)であると言えます。骨との結合に関しては、各インプラントメーカーがそれぞれインプラント表面性状を工夫し、販売していますが、GCインプラントではより高い骨結合を追求した、新しいタイプの表面性状「Anchor surface」が施してあり、従来品に比べ良好なオッセオインテグレーションが得られるということで、その完成度には定評があります。

Anchor surfaceは、GCの骨代謝研究に基づいて生み出されました。GC独自の表面処理により作られた大小の二重凹凸構造は、血液中の血小板やフィブリン繊維が絡みやすい構造となっています。また、凹凸に沿って、骨芽細胞が密に絡みつくことで良好なオッセオインテグレーションが得られます。

■優れた初期固定

インプラント体のスクリュー部は先端に行くほど、シャープな三角形になっており、インプラント体を埋め込むほど、そのスクリュー部が骨に食い込み、インプラントがしっかりと固定されるようになっています。このスクリューの形状の工夫により、骨質を選ばず、骨質のあまり良くない様々なケースにおいても対応が可能になっています。

■高い封鎖性で骨吸収を抑制

新製品であるAadvaでは、GCの高い加工技術により、インプラント体とアバットメント間の高い封鎖生を実現し、細菌が入り込む隙間をシャットアウトしてインプンラント周囲の骨の吸収を抑える仕組みになっています。

■マイクログルーブによる骨吸収抑制

インプラント体のカラー部に、マイクログルーブという細かい溝をつけることにより、噛み合わせた時にかかる力が分散され、骨の吸収を防ぐ構造になっています。

■破折しにくい

GCインプラントは医科でも実績のある、チタン合金(Ti-6Al-4V)を採用しており、その強度の高さから、インプラント体の破折リスクを低減しています。

■安心の国内品質

GCインプラントは開発から製造に至るまで、すべて日本国内で厳しい管理のもとで行われており、コンタミネーション(汚染)が少ない製品を提供しています。また、国産のインプラントシステムとしては唯一、ISO(国際標準化機構)の厳密な基準を満たした工場で製品化されているため、製品の品質は超一流だと言えます。GCインプラントは表面のクリーンさのレベルにおいて、世界中のインプラントメーカーの中でもトップクラスで、ナンバー3に入ると認めれられています。

■四半世紀の歴史を持つ

GCはインプラントシステムを1997年より発売しており、その研究・開発にかけては四半世紀の歴史を持ち、多くの研究者や臨床家による実績があります。

■日本人に合った多彩なラインナップ

国内メーカーの強みとして、日本人の顎の骨のサイズや骨質、形態に適したラインナップが豊富である、ということがあります。ショートタイプ(短いタイプ)やナロータイプ(細いタイプ)のものも充実しており、あらゆる症例に対応することが可能です。海外メーカーでは、欧米人にあったサイズが中心になってしまうことが多いため、国内メーカーではより自分に合ったものが見つかりやすいメリットがあります。

■国内最大手メーカーでアフターフォローが万全

国内最大の歯科医療材料・機器メーカーということで、長期的に見ても倒産や生産中止のリスクが大変低く、アフターフォローが受けられなくなる、という心配がほとんどありません。小さな会社でも良いインプラントシスムはありますが、万が一倒産してしまっては、その後何かあってから部品が足りない、などの問題が出てくる危険性があります。また、カスタマーサポートの面でも、国内メーカーのものであればより安心と言えるでしょう。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!