歯科コラム

インプラントは、機能的な面でも審美的な面でも優れた治療だと思いこんでいる人もいるかもしれません。確かにそれは間違いではありません。しかし、インプラント治療は、インプラントを埋める場所や条件によっても難易度が異なり、インプラントをただ骨に埋め込んだら全部うまくいって、満足のいく結果になる、という簡単な治療ではないのです。特に前歯のインプラント治療は、その中でも非常に難易度が高く、満足のいく結果を出すためには、施術を行う歯科医師の的確な診断力や判断力、そして技術力が特に要求される治療だと言えます。今回は前歯のインプラントについて詳しく見ていきたいと思います。

前歯のインプラントはなぜ難しい?

前歯のインプラントはなぜ難しい?

前歯のインプラントが難しいと言われる理由として次のようなものが挙げられます。

■骨が非常に薄い


前歯の埋まっているあごの骨というのは、特に日本人の場合、もともと幅が狭いものなのですが、歯を失ってしまうと骨はさらに吸収し、幅・高さ共に失ってしまいます。特に歯周病によって歯を失った場合というのはその傾向が顕著になります。インプラントを埋めこむには十分な幅・高さがないと、インプラントが骨を突き抜けてしまったりする危険性があるため、そういう意味で非常に難しいと言えます。

■目立つので高度な審美性が要求される


前歯はすぐに見える場所です。そのため、インプラントを埋め込んだ部分の歯や歯茎の形、色などを周囲の歯に細かく合わせないと、見た目がおかしくなってしまいます。つまり、奥歯に比べ、非常に高度な審美性が要求される難易度が高い治療だと言えます。

■手術回数が増えることによるリスクがある


前歯の骨は薄く、歯を失った後も骨は減り続けます。そのため、骨や歯が痩せた状態のところにインプラントを埋め込む場合、骨を増やしたり、歯茎を移植したりする必要性が出てきます。そして、そのような手術を行う場合、患者さんにとって、手術による体への精神的・肉体的負担が増しますし、骨や歯茎が定着するまで日数を要すため、治療期間が長引いてしまいます。また、手術回数が増えることで細菌感染するリスクが高くなり、最悪インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。


前歯のインプラントで見られるトラブル

前歯のインプラントを受けて、実際に見られるトラブルについてご紹介します。

■歯が明らかに他の歯より長い


骨や歯茎のボリュームが少ないままインプラントを埋め込んだ場合、当然その部分の被せ物は他の歯よりも長くなってバランスがおかしくなってしまいます。

■ブラックトライアングル


歯と歯の間の歯茎は「歯間乳頭」と呼ばれる部分で、この部分が歯茎で満たされていないと、「ブラックトライアングル」と呼ばれる審美的な問題が出てしまいます。インプラントを行った後、骨や歯茎はいくらか下がってしまいますので、その点も考慮してあらかじめ手術を行わなければ、歯茎が下がってブラックトライアングルを引き起こしてしまうことになります。

■歯茎から金属が透けて黒く見える


歯茎が薄いと、被せ物を支える部分である「アバットメント」という金属が歯茎から透けて見えて黒っぽく見えてしまうことがあります。このようなトラブルは、アバットメントを白いセラミック製にすることで、防ぐことができます。

■被せ物の境目部分が露出している


インプラント手術後の骨や歯茎の吸収を正確に予測しなければ、本来見えるべきでない被せ物の境目部分が歯茎から露出してしまい、非常に不自然な見た目になってしまうことがあります。

■インプラント周囲炎で抜け落ちてしまう


インプラントを骨が足りないまま埋め込んでしまったり、骨を増やす手術によって感染を起こしてしまったりした場合、インプラント周囲炎を引き起こして、インプラントそのものがダメになって抜け落ちてしまうこともあります。


前歯のインプラントで注意したいこと

前歯のインプラントで注意したいこと

前歯のインプラントを受けようと考えている場合、まず一番大事なことは歯科医院選びです。そもそも前歯のインプラントは他の場所よりも難易度が高いため、どの歯科医院でもやっているわけではありません。おそらく多くの歯科医院で「あなたの骨の状態ではインプラントはできません」と言われてしまうことでしょう。

また、前歯のインプラントを行なっている歯科医院の中でも、前歯に関するインプラント治療の実績の多いところを選ぶのが肝心です。吉岡歯科医院では前歯のインプラントに関してだけでなく、様々なケースの難症例を数多く手がけておりますので、安心して前歯のインプラント治療を受けていただけますし、患者さん一人一人のケースに合ったベストな治療法を提案させていただきます。

また、前歯のインプラントに関しては特に骨の状態が重要になってきます。歯を失ってから期間が経つほど、骨の条件は吸収して悪くなっていきますので、前歯のインプラントについて興味を持ったら、早めに歯科医院を受診して治療を開始するのがベストだと言えます。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!