院内感染予防について

清潔設備

当院では全ての面で感染予防に配慮しております。

医療器具は可能な物は(ファイル、バーなどはもちろん、印象用トレーやバキュームチップなど通常は消毒で済ませる物も可能な物は全て)オートクレーブで滅菌しています。

バーはトレイの上の薬液に漬込んでありますが、これはオートクレーブで滅菌した上で、空気中の雑菌が落ちてバーに付着することを予防する為の処置です。 オートクレーブが使用できない物(ラバーボールなど121度の高温に耐えられない物)はグルタールアルデヒドに一昼夜漬込んであります。

タオルは患者さんの顔に薬物飛散保護の為に使用しますが、患者さん毎に高温で殺菌した物を使用しています。ドクターや歯科衛生士、スタッフは布のタオルは使わず、使い捨てのペーパータオルのみ使います。 その他、手術布は大学病院の手術室に習い80度の熱湯で洗濯され、高温で乾燥された物を使用しています。

また患者さん用のエプロンやコップは全て使い捨てです。注射針の滅菌や余った麻酔薬の再利用は絶対行いません。当然、グローブも患者さん毎に使い捨てています。

クアトロケア

使用したタービンやコントラ、エアースケーラーはまず内部のオイルをこの装置で入れ替えます。当院には2台あります。

超音波洗浄機

その後、蛋白分解酵素入りの超音波超音波洗浄機にかけられた後、再度流水下で超音波洗浄します。

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

その後パックされオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)によって完全に滅菌されます。

ステリマスター

KaVo社から出ているオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で5分で滅菌できます。当院には2台あります。

吉岡歯科医院ではミラーやピンセットはもちろん、歯を削るタービンや歯の掃除をするエアースケーラーなどの通常の歯科医院では薬液消毒レベルの器具もすべてクラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で完全に滅菌しています。クラスBというのはタービンなどの中空部分がある器具において内部にエアーが残り高温の蒸気が隅々まで行き渡らないことを防ぐため、オートクレーブ内部を一度減圧し真空状態にしてから高圧蒸気を注入するシステムです。吉岡歯科医院では、治療が終わるとまず器具を蛋白分解酵素材の中で超音波洗浄をかけ、その後、流水下で超音波洗浄をかけ、クアトロケアシステムで内部のオイルを入れ替えた上でオートクレーブにかけます。クアトロケアシステムもオートクレーブも複数あり、常時フル稼働しています。インプラントの手術セットもすべて滅菌済みのスペアのセットを用意していますが、5分で滅菌可能なステリマスターも2台ありますので、たとえ器具を全てひっくり返したとしても5分で復旧できます。

IHI社(石川島播磨造船社)製、オゾン殺菌機

診療室内の空気を24時間で殺菌します。

2階の手洗い専用ユニット

全自動で石けんやお湯がでます。右は流しですが、当院の流しは全て赤外線センサーかフットコントロールで吐水止水をコントロールしており、手で蛇口をひねることはありません。これにより院内感染を予防しています。

インプラント手術は口腔内という細菌がいっぱいいる中での手術なので術後感染のリスクは常にあります。完全な清潔状態で手術をすることが困難な上に、術後は傷口が細菌だらけの口腔に曝されるからです。しかし、術者サイドは完全に無菌的な状態で臨むことが必要です。手術室はクリーンルーム環境が望ましいです。吉岡歯科医院の手術室はクリーンルーム化されており、陽圧で無菌状態を維持できるようになっています。コンタミネーション(手術室の細菌汚染)を防止するように手洗いは自動ドアで隔てられた場所に位置し、壁は抗菌ガラスで細菌の付着を予防し、床は高温スチームで常に無菌的に管理されています。尚、手術に使用する全ての器具は滅菌されています。手術台に敷くシーツも滅菌布で使い捨て、バキュームホースも全て滅菌したものを使い捨てです。上は滅菌が終了した器具をしまう場面ですが、一回の手術でこの倍の量を常に滅菌します。

吉岡歯科医院には高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が5台あります。上の左の写真はインプラント手術器具を滅菌する大型のオートクレーブです。右の写真は滅菌した器具を乾燥する為の乾燥庫が2機あります。滅菌する器具で複雑な構造でなおかつ滅菌バッグに入れて滅菌する場合は2階にある大型のクラスBのオートクレーブで滅菌します。

上は手術室に隣接しながらも自動ドアで隔離された手洗いコーナーです。ここで滅菌ブラシと薬剤で手を洗い、滅菌タオルで手と腕を拭き下ろし、手を合わせた状態で、右の自動ドアから手術室に入ります。

インプラント手術が終わると大量の感染性のゴミがでます。現在は血液もバッグで吸って固めて処理します。排水経路に血液は流しません。グローブも一つずつ滅菌されたもの、ホースは全て使い捨てです。エコの時代に逆行している気もしますが、医療安全の為にはそんなことは言ってられません。この血液が付着したゴミは専門業者が安全に処理して廃棄されます。

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!