当院が選ばれる理由

インプラントは吉岡歯科医院がベスト~その10の理由~

インプラント治療専用の無菌手術室がある

インプラント 名古屋 吉岡歯科医院の手術室は、大学病院や総合病院の手術室を製作している業界トップの美和医療電機が、大学病院と同じ仕様で製作した手術室です。無影灯や手術台は最新式のドイツ製です。この手術室には通常の歯科医院一軒分の製作コストがかかってしまいましたが、手術室は、室内が陽圧で無菌化された空気で満たされた無菌手術室です。インプラント 治療に伴うサイナスリフトや骨移植を無菌的な環境で行うことが可能です。CT撮影から、大掛かりな手術までを吉岡歯科医院の中で無菌的に行うことができ、より安全・安心な治療を実現できるだけでなく、待ち時間を最小限にでき、多忙な貴方の手間を取らせません。

総合病院クラスの無菌手術室

総合病院クラスの無菌手術室

吉岡歯科医院手術室でのインプラント手術風景です。手術室内は陽圧化された無菌手術室(クリーンルーム)で、清潔安全であるだけでなく、麻酔ガス排出装置が装備された全身麻酔に対応した手術室です。内部は最新鋭の設備が揃っており、ピエゾサージェリーが2機、インプランターが4機常時セッティングしてあります。52インチの液晶モニタが2機設置され、右のモニターには手術の映像が映し出され、左のモニターには2階のCTをリモートコントロールする画面になります。術中でも瞬時にCT撮影を行い分析することができます。インプラント手術をする上でこれ以上はない環境を整えました。

手術台はドイツのブルバマ社製

手術台はドイツのブルバマ社製で、手術台全体が水洗いや薬液消毒できる構造です。また、バッテリーで駆動されていますので、停電時も動きますし、キャスターで簡単に移動できるため、手術室の床を毎回完璧に清掃消毒することが可能です。ヘッド部にはマイクロサージェリー用の術者の腕を固定するアームレストがあり、精密な顕微鏡手術を可能にしています。

インプラント外科ブース

インプラント外科ブース

インプラント外科ブース

インプラント 名古屋 吉岡歯科医院はインプランターを内蔵したKaVoの最新式医療用チェアESTETICA E80を設置したインプラント外科ブースを新設いたしました。

このチェアは、従来チェアとは全く別ユニットのインプランターにて行われていた、インプラントの口腔外科手術の設定や操作を、チェアのコントロールパネル上で行う事を可能とした、インプラントのためのチェアです。

Kavoのチェアと言えば、歯科用チェアとしては最高峰のチェアとして定評があり、このチェアで行える歯科医療は、他のチェアとは根本的に次元が異なります。吉岡歯科医院の高品質な治療を維持するためには、このKavoのチェアは欠かせません。

このインプラント外科ブースでは、インプラントの2次手術やインプラント義歯のメインテナンスを行います。

最新設備

これは天吊りされている液晶モニタですがタッチパネルになっており、画面に滅菌フィルムを張ることにより、指先や器具で任意の画面を呼び出すことができます。手術時にはコンピュータシュミレーションによって計画された設計図が投影されており、確認しながら手術を行います。

手術室にはネットワークカメラが備わっており1階や2階の受付やセミナールームのコンピュータで モニタリングと制御が可能です。手術の進行状況がリアルタイムでわかります。

当院には3台のインプランターが完備されており、1台はフランスのサテレック社製、2台はオーストリアのW&H社製で現在存在するインプランターの中では、最高のトルクを出すことができます。

吉岡歯科医院には通常の電機モーターによるインプランターも3台ありますが、エアーモーターもあります。手術室には専用のエアアウトレットがあり、エアモーターを駆動します。骨きりやザイゴマインプラントなどに使用します。

この機械は骨の治癒を促進する機械です。サッカー選手のベッカムが骨折をこの機械の使用により2週間で治癒させ、試合に復帰したことで有名になりました。当院では骨質の悪い患者様のインプラント治療に応用して良好な結果を得ています。

インプラント治療を行うにあたり骨量が少ない場合に骨移植は必須となります。そのような化学合成された人工骨の使用時には患者様本人の血液からPRP(多血小板血漿)を生成し人工骨と混和することにより、より確実な結果を得ることができます。

インプラント外科ブース

インプラント外科ブース

手術室の隣に、個室のプライベートルームがあります。専用のトイレや簡易ベッド、電話、非常ベル、鍵のかかるロッカーがあり、着替えたり、お化粧直しや、術後にゆっくり休んでいただくことが可能です。手術室とステンレスドア一枚で直接繋がっているので、他の患者さんとすれ違うことはありません。

院長である私は、吉岡歯科医院の大きな特徴の一つは『大学病院クラスのインプラント手術を行っている事』であると考えています。大学病院クラスのインプラント手術とは、つまり、複数システムで運営されているということです。吉岡歯科医院には、各種医療用機材に始まり、歯科医師や衛生士などのスタッフ、手術室やレントゲン機材や救命装置、取引先のインプラントメーカーに至るまで、徹底された複数システムで運営されています。

インプラント 名古屋 吉岡歯科医院がなぜ複数システムにこだわるのか。それは、我々吉岡歯科医院は、今も昔も『患者様に最善の医療をご提供するプロ集団』であるからです。

我々は、歯科医院の一方的な都合でもって、患者様の真の医療を受ける機会を妨げてはなりません。これは、当たり前です。ですが、その当たり前の事実を現実にするには多くの問題があります。勉強不足、経験不足は当然問題ですが、何より難しい問題は、設備投資に莫大な資金がかかるという事です。

仮に2つのインプラントシステムを運営するとしましょう。すると、単純に2倍の設備投資、2倍の維持費、2倍の学習時間が必要となる事は避けられないのです。よって、多くの歯科医院では、患者様に多くの選択肢をご提示できず、苦汁を飲んでいるのです。

吉岡歯科医院はそういった歯科医院である事を否定します。
医療のプロとして、多少費用がかかろうとも、歯科医師にとって難しい手術であろうとも、最善の選択肢の一つであるならば、迷わずご提示させていただきたいのです。そのために、我々は負担を承知で複数システムを保有し、運営しているのです。

我々のこの姿勢は、全国の患者様から支持されています。東京や大阪はもちろん、北は北海道、南は沖縄まで、文字通り日本全国から多くの患者様が毎日この名古屋までインプラント治療のためお越し下さいます。近年では海外からの患者様もみえます。多くの患者様のご支持のおかげで、この姿勢を20年間貫けました。

インプラントは吉岡歯科医院がベスト~その10の理由~
  • 治療専用の無菌手術室がある
  • インプラント患者様全員にCT撮影と3D
  • 貴方に対してベストのインプラントを使用出来る
  • 全てのインプラント手術がきちんとハイビジョンで記録保存されている
  • 患者様のデータ管理が徹底されている
  • インプラント治療の経験が豊富である
  • 高度なスタッフ教育を重視している
  • 国際的なインプラント学会認定医である
  • 総合病院と連携して手術を行っている
  • 親の愛情で、あなたの幸せを本気で考えている

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!