インプラント基礎知識

インプラントによる治療法

歯を失ってしまった場合には、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つの選択肢があります。
ここではインプラントと、従来の欠損歯治療法である入れ歯、ブリッジの違いをご紹介します。
より求める条件に近い治療法を選びましょう。

インプラント

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。
インプラント治療では、歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着することで、本来の機能近くまでかむ力を回復することが可能です。ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんどご自身の歯と区別がつきません。

また、しっかりメインテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたと言われているほど画期的な治療方法であるといえます。
ただし、最先端の治療方法であるため、保険の適用範囲外の治療となります。

インプラントによる治療法

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!