吉岡歯科医院のインプラント技術

審美インプラント

審美インプラントについて

インプラント治療は元来は機能を取り戻すことを最優先とし、清掃性を高める為に高床式となっている補綴物が一般的でしたが、見た目が不自然な仕上がりのケースがあります。現在はどこにインプラントが埋まっているのか、インプラントなのか、自分の歯なのか区別のつかないような治療が可能です。

当院では、できるかぎり天然歯と同じような外観を与え、自分の歯と同じサイズの歯間ブラシで掃除できるように心掛けています。また、息漏れによる発声障害がおこらないような形態で修復しています。

インプラント治療に自然な外観を 審美インプラントの症例1

インプラントは快適な治療ですが、ボーンアンカードブリッジなど、見た目が不自然な仕上がりのケースがあります。
当院では、できるかぎり天然歯と同じような外観を与え、自分の歯と同じサイズの歯間ブラシで掃除できるように心掛けています。また、息漏れによる発声障害がおこらないような形態で修復しています。

右上の前歯がありません。両隣の歯を削ってブリッジにして治療することが一般的です。しかし、削った歯は生涯トラブルがないことは珍しく結果として歯を失うことにつながります。 事実この患者様は歯科治療を受けた結果が思わしくなく、抜歯に至り、健康な歯を削ることを拒み、インプラントで修復することになりました。

All-on-4(オールオンフォー)の特徴

前歯のインプラント治療はインプラント治療の中では最も難しい治療です。何が難しいかというと、歯を失ったということは、失った物は歯だけではなく、歯の周りの骨や歯肉をも失っているからです。何も工夫せずに手術すると、歯と歯の間に隙間が出来て、見た目が悪く息が漏れることになります。
当院では歯茎が下がって歯と歯の間に向こうが見える黒い隙間ができないように、工夫をした切開や縫合を行っています。

インプラント治療に自然な外観を 審美インプラントの症例2

歯牙が一本もなくても自然な外観がえられるようにしています。

All-on-4(オールオンフォー)治療手順

左上と下顎の前歯部と左右臼歯部にインプラントを埋入しました。また、上顎前歯部の歯と歯の間の歯茎の隙間も治しました。

下顎前歯部にインプラントを2本植立しました。
上顎の歯と歯の隙間が大きく、黒く見えるのも気になります。

治療後です。自然な外観を与えることが出来ました。

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!