吉岡歯科医院のインプラント技術

1日で噛めるインプラント

インプラント手術したその日に歯ができるAll-on-4(オールオンフォー)

無剥離・無切開インプラント

All-on-4(オール・オン・フォー)とは、総入歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。

従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。その為、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。

しかし、All-on-4(オール・オン・フォー)は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、4本~6本のインプラントで全ての人工の歯を支えることに成功し、上記のような不安要素を解消することができます。

つまり、All-on-4(オール・オン・フォー)とは、手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法です。

All-on-4(オールオンフォー)の特徴

All-on-4(オール・オン・フォー) には、次のような特徴があります。

All-on-4(オールオンフォー)の特徴

All-on-4(オールオンフォー)の特徴

無剥離・無切開インプラントを選択する事で得られるメリット

この患者様は以前に当院で下顎に一日で歯が入るインプラントシステムのAll-on-4で治療をしました。治療後、たいへん調子が良く、今度は上顎にも一日で歯が入るインプラントシステムのAll-on-4を行いました。上顎は下顎と比較して骨が柔らかいので今回はインプラントは6本用いましたが、6本のインプラントを使用しても、一日で歯が入るインプラントシステムのAll-on-4と呼びます。

従来インプラント治療は手術をしてから下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月歯を作ることはタブーとされてきました。All-on-4の最も優れた点は、手術をした当日に固定性の義歯が入るところです。

一日で咬める下顎のAll-on-4インプラント

上顎のAll-on-4

下顎のAll-on-4インプラント

下顎のAll-on-4インプラント

All-on-4(オールオンフォー)治療の流れ

All-on-4(オールオンフォー)治療手順

・顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成します。

・骨形成部の正中線(中央の穴)に、All-on-4ガイドを装着します。 このガイドにより、 インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌が保護されます。

・2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していきます。最大45°に傾斜角をつけて、適切な深さまでドリリングします。

・方向指示棒で、正しい角度であるか確認します。

・骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入します。

・角度付マルチユニット・アバットメントを装着します。

・反対側の臼歯部も、同様に施術します。

・前歯部2箇所を形成して、インプラントを埋入します。

・マルチユニット・アバットメントを装着します。

・縫合後、歯の型取りを行います。

・出来上がった補綴物を、スクリューで固定します。

・その後、すぐに食べ物を食べることができます。

・ All-on-4(オール・オン・フォー)は、上顎でも下顎でも適応可能です。

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!