歯科コラム

インプラントの埋入手術から歯を入れるまでの工程を1日で行う即日インプラントは、治療期間を短く済ませたい方や多数の歯を失った方にお勧めしたい治療法です。しかし即日インプラントはメリットが多い反面、どんな方でも受けられる治療というわけではありません。

そこで今回は即日インプラントとはどのようなものか、また即日インプラントの注意点などについて詳しくご紹介していきます。

即日インプラントとは

即日インプラントとは

即日インプラントはワンデイインプラントとも呼ばれ、その名の通りインプラントに必要な工程のすべてを1日で行うインプラント治療です。

ここでは従来のインプラントとの違いや即日インプラントのメリットやデメリットについて解説したいと思います。

■普通のインプラント治療とどう違う?

従来のインプラント治療では、抜歯した部分に新たな骨ができるのを待ち、十分な骨の量が認められた段階で人工歯根を骨に埋める手術を行います。そして、人工歯根が骨の中に定着したのを確認した後、上部に人工の歯を被せます。

このようにインプラント治療には、治療が完了するまでにいくつかの工程を経るため、治療には半年から1年程度の期間が必要です。また、骨の量が不足する場合は、新たに骨を補う治療が必要なため、さらに期間が延長されます。

即日インプラントは、上記のようなインプラントにおけるすべての工程を1日で行う治療法です。多数歯のインプラント治療を行う場合は、午前中に人工歯根を埋入する手術を行い、午後にインプラント上部を覆う被せ物や入れ歯などを作成して装着していきます。少数歯の場合は抜歯と同時に人工歯根を埋入し、その上に事前に作っておいた仮歯を入れる方法が行われる場合もあります。

■即日インプラントのメリット

即日インプラントの最大のメリットは、治療期間や通院回数を大幅に減らすことができる点でしょう。従来のインプラント治療は、抜歯後に骨ができるのまで待つ期間や人工歯根が骨に定着するまで待つ期間などを含めると、短くても4か月、長くて1年以上の年月がかかります。また1回の来院時に行う治療が決められているため、複数回通院することが必要です。

即日インプラントは抜歯、人工歯根の埋入、上部構造(被せ物や入れ歯)の装着などを1回の治療で行うことができます。またその日のうちに歯が入るので、見た目の問題や機能的な問題も早期に解決できる点もメリットと言えるでしょう。

■即日インプラントのデメリット

即日インプラントに限らず、インプラントの大きなデメリットの1つがコスト面です。即日インプラントも保険が適応されないため、治療費の全額を自身で負担しなければなりません。ただし、即日インプラントは治療回数が少ないことやインプラントの本数を少なくできることから、従来のインプラントよりもコストが安く抑えられます。

即日インプラントのもう1つのデメリットは、高度な技術や知識が必要であるため安心して施術を受けられる歯科医院が限られる点です。従来のインプラント治療の実績が多いからといって、即日インプラントもできるというわけではありません。即日インプラントでは複雑な手術を行う場合も多く、安易に行うと重要な組織や神経を傷つける恐れがあります。そのため即日インプラントは正しい解剖学的な知識と、熟練した技術を要した歯科医師だけが行える治療法と言えます。


即日インプラントがお勧めできる人と受けられない人とは?

即日インプラントは従来のインプラント治療と比べてメリットも多い治療法ですが、どんな方にでもお勧めできるというわけではありません。それでは、即日インプラントはどのような方にお勧めで、またどのようなかた方が控えるべきかを以下に詳しく見ていきましょう。

■即日インプラントは多くの歯を失った方にお勧めできる治療法

即日インプラントの恩恵をより多く実感できるのは、上下とも歯が1本も残っていない方や多数の歯を失っている方です。

特に総入れ歯の方の場合、ある程度の本数の歯を復元させるためには最低でも8~10本ほどインプラントを入れる必要があります。それを従来通りの治療法で行えば、インプラント手術の回数が増えるほか、治療期間も長くなるため身体的な負担が大きくなるでしょう。また、コストの面を考えてもかなり高額な治療費がかかってしまいます。そこで即日インプラントを行えば、このような身体的、経済的負担を大きく減らすことが可能になるわけです。

また、前歯などで辛うじて歯は残ってはいるものの咬めないといった場合、抜くのは簡単ですがその後の見栄えの悪さを考えると、直ちに抜歯というわけにもいきません。そのような場合、即日インプラントを行うことで機能だけでなく見た目の回復も早期に図れます。このように即日インプラントは歯がない期間があると困る方にもお勧めできる治療法です。

■即日インプラントは他の疾患を抱えていると受けられない場合がある

即日インプラントは、通常のインプラント手術よりも大がかりになるケースもあるため、体に何らかの疾患を抱えた方にはお勧めできません。

例えば、糖尿病の方は免疫力が低下している可能性が高く、術後に細菌感染を起こす可能性があります。また、心臓疾患や脳血管障害のある方は、手術における体の負担が大きく、また飲んでいる薬の影響で出血しやすいなどの問題があります。

さらに、口の中においても、歯ぐきの炎症が強い場合や、抜歯予定の歯に根尖病巣(歯根の先が膿んでいる病気)がある場合は即日インプラントを受けることはできません。

このように、他にも疾患があるケースや口の中に問題のあるケースでは、場合によって即日インプラントが受けられない可能性があります。


All-on-4という選択肢

All-on-4という選択肢

即日インプラントは治療期間を大幅に短縮できることから、忙しくて時間があまりない方や、遠方から来院される方などにも人気の高い治療法です。即日インプラントにはイミディエイト術式などいくつか種類があり、吉岡歯科ではAll-on-4治療を採用しています。

All-on-4なら、骨が足らない方など、これまでインプラント治療を断られた患者様でもインプラント治療を受けられる可能性があります。歯を多く失った患者様でも、体への負担を特に少なく、治療を受けていただけます。そして、手術当日に義歯を入れるため、その日に簡単な食事ならとることができます。

先述したように、即日インプラントは非常に高いスキルのある歯科医師しか行うことができません。その中でも、All-on-4治療を受けるなら、豊富な経験と正しい知識、熟練した技術を持つ歯科医師、病院を選ばなければなりません。当院の院長・吉岡は、このAll-on-4の開発者であるパウロマロ氏本人から、直接手術法を学びました。確かな技術と知識から、安心のAll-on-4治療をご提供いたします。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!