歯科コラム

インプラントをせっかく入れたのに数年後、もしくは数か月後に除去せざるを得なくなった、というケースがまれに見られます。それでは、一体どんな原因でインプラントを除去しなければならなくなるのでしょうか。また、インプラント除去手術はどのように行うのでしょうか。

インプラント除去する原因

インプラント除去する原因

そもそもインプラントを入れる時は、インプラントがその後もずっと使えることを期待して手術しています。しかし歯周病に感染した場合や他のいくつかの原因により、やむを得ずインプラント除去しなければならない状況が生じます。それには以下の原因が考えられます。

■噛み合わせが合わない

例えば、インプラントが左右のどちらか片側だけに入っていると、左右の噛み合わせが合わず、インプラントの入っていない側のみで、噛む癖がついてしまうことがあります。そうするとインプラント自体に問題はないのに、インプラントを除去しなければならなくなるかもしれません。

もちろん噛み合わせの調整はインプラントを入れた後でも可能なので、術後の数日や数か月間は日常生活の中で、インプラントを使いながら噛み合わせの状態をチェックできます。しかし、中にはインプラントで噛んだ時の感覚と、天然の歯で噛んだ時の感覚に違いがあることに慣れず、噛みやすい天然の歯だけを使って噛もうとする人がいます。もし、片側だけの歯で噛んでいたら、口だけでなく顔や体のバランスも少しずつ崩れていきます。

■インプラントがぐらつく

インプラントは歯を支える骨に植え込むものなので、本来インプラント手術後は徐々に骨と結合していくはずです。しかし、術後しばらくたってもインプラントがなかなか安定せず、ぐらついている状態だとインプラントが抜けてしまう恐れがあります。

インプラントが抜けそうならわざわざ除去しなくても良いのでは、とは思わないようにして下さい。ぐらついていて抜けそうなインプラントを放置している方が、逆に細菌の感染リスクを高めたり、歯を支える骨を溶かしてしまったりなど危険が多いのです。そのため、ぐらつきがひどい場合は早めにインプラントを除去し、新しいインプラントを入れ直す方が安全です。

■金属アレルギーやアトピー

インプラント本体はチタン性の物が多く使用されています。純チタンにはほとんどアレルギー反応はないと言われていますが、ゼロではありません。もしくは、インプラントの上にかぶせたかぶせ物に含まれている金属が原因となって、金属アレルギーやアトピーなどの反応を引き起こすこともあり得ます。かぶせ物が原因であれば非金属系の材料のかぶせ物に変えれば問題はありませんが、もしインプラント本体に原因があるならインプラント除去しなければなりません。/p>


インプラント除去手術の工程

インプラント除去手術の工程

インプラントはネジのような、スクリューの形をしているものが近年多く使われています。したがって、インプラントを除去する時はネジを回すのと、逆のイメージで作業をすることになります。現在はインプラント除去用のキットもあるなど、逆回転させてインプラントを除去することは十分に可能です。インプラントの隣の歯や神経などをほとんど傷つけることなく除去することができるでしょう。

それでも骨は多少削る必要があります。インプラントは歯を支える骨にくっついていくものなので、術後しばらくたっていてインプラントと骨が結合してきている状態なら骨も少し削らなければいけません。しかし、大きなダメージにはならない程度です。

インプラント除去手術の際に注意してほしいのは、除去後に縫合しないで数ミリの大きな穴が歯ぐきに開いたままでも過度な心配はいらない、という点です。抜く部位や歯科医師によっては縫合する場合もあるのですが、術後は必ず縫合しなければいけないという決まりありません。縫合しておかないと穴の中に唾液や細菌、食べかすなどが入りこんで炎症を起こすことはないのかと心配になるかもしれませんが、実際は炎症が起こることの方がまれです。

なぜなら、インプラント除去手術は抜歯と似ていて、どちらも歯やインプラントを抜いた後に速やかに血餅という血の塊ができて、穴を覆ってくれるからです。血餅ができた後は皮、つまり粘膜組織もできてきて、ほぼ一か月あれば大抵の粘膜は綺麗になり穴はふさがります。粘膜の中の、歯やインプラントを抜いて穴になった部分にも骨が再形成されていき、三か月ほどで骨もでき上ってきます。

全体的にインプラント除去の症例は多くはありませんが、いくつかの原因により、インプラント除去する必要がある場合もある、ということを覚えておきましょう。中にはインプラントは高額医療なので除去したくないと感じる人もいるかもしれません。もし、除去に納得できないときは、セカンドオピニオン受けることも考慮できるでしょう。除去が必要ならば、なるべく早めに除去することがその後の口の状態を健康に保つためにも最善です。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!