歯科コラム

インプラント治療が終了し、美しい歯でしっかりと噛める毎日を取り戻された皆さま、おめでとうございます。この幸せな状態をできる限り長く、可能ならば一生保ち続けたいものです。そのためには、インプラント治療後も油断することなく、正しくメンテナンスを行うことが必要不可欠なのをご存知ですか。

メンテナンスが正しく行われていないと、せっかく費用と時間をかけたインプラントが最悪の場合には抜けおちてしまうばかりか、骨や歯ぐきなどほかの組織にもダメージを与えることがあります。トラブルなく、末永く、インプラントとお付き合いするために、正しいメンテナンスの方法や費用などを具体的にご紹介いたします。

■メンテナンスを怠るとこんな大惨事にも!

メンテナンスを怠るとこんな大惨事にも!

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはかかります。歯周病の細菌がインプラントの周囲の組織に感染すると、インプラントを植えている骨が溶けてしまいます。その結果、インプラントがグラグラしたり、最悪の場合には抜け落ちてしまうのです。これをインプラント周囲炎と呼びます。

厄介なことに、天然の歯には細菌に対する抵抗力があるのですが、人工の歯であるインプラントにはそれがありません。そのため、インプラント周囲炎にかかりやすく、いったんかかると進行が速いという特徴があります。また、自覚症状もあまりないことがほとんどです。

メンテナンスには自分で毎日行うセルフメンテナンスと、定期的に歯科医院で行うものがあり、インプラント周囲炎によるトラブルを防ぐためにはどちらも非常に重要です。歯周病の細菌をインプラントに寄せ付けないようしっかり掃除を行うとともに、もしインプラント周囲炎の兆候がある場合は早期発見・早期治療で食い止めることが大切です。


■自分で毎日、セルフメンテナンス

もちろん毎日プロに歯のお掃除をしてもらえば安心なのですが、そういうわけにもいかないのが現実。おうちで毎日、正しい方法で歯のお掃除をすることが大切です。

手術直後から抜糸までは、インプラントの部分はできるだけ触らないようにするのが基本です。インプラント以外のところはいつも通りていねいに磨き、清潔に保つことがポイントです。歯科医師や歯科衛生士から術後ブラシ(毛の柔らかい特別な歯ブラシ)の使用を指導された場合は、使い方をしっかり教えてもらって実行しましょう。

インプラントの歯が入ったら、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使ってキレイに磨いてください。歯ブラシを使う際は、力の入れ過ぎに注意してください。鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、力の加減がしやすくなります。

歯間ブラシは、インプラントの歯を傷つけたり削ったりしてしまわないよう、小さなサイズのもので、ワイヤーコーティング加工されたものを選びましょう。

インプラントの歯は普通の歯に比べて、根本に向かってできる曲線の陰の部分が磨きにくい形になっていることが多いです。ワンタフトブラシという、毛束が一つしかない小さな歯ブラシを使うとよいでしょう。また、ブリッジタイプになっているインプラントの場合、ダミーの歯と歯ぐきの間をキレイにするため、スーパーフロスという太いフロスを使うのがおすすめです。

これらの道具の選び方や使い方については、担当の歯科医師や歯科衛生士が教えてくれます。わからないことがあればどんどん質問し、実際に練習してください。


■定期的に通院して行うメンテナンス

定期的に通院して行うメンテナンス

歯科医院で行う、プロによるメンテナンスも不可欠です。担当医の指導どおりに、必ず受診しましょう。

■どんなことをするの?


①チェック
レントゲンを撮り、骨の状態をチェックします。また、破損や動揺の原因にならないよう、かみ合わせのチェックも行います。

それに加え、歯や歯ぐきの状態を念入りにチェックし、インプラント周囲炎になっていないかどうかを確認します。

インプラント自体のチェックも行い、破損がないか、連結が正常かを確認します。

②クリーニング
プロの手と機械で、歯みがきでは落とせない歯垢を落とします。汚れがひどい場合は、インプラントの人工歯を外してキレイにします。細菌が多い場合は、マウスピースを使って細菌を減らす薬剤に歯を浸す方法もあります。

徹底的にクリーニングすることで、インプラント周囲炎にかかりにくくなるだけでなく、残りの歯が歯周病になることも防げます。残りの歯が歯周病で失われると、インプラントにかかる負担もそれだけ大きくなりますから、これも大切なことです。

③ブラッシング指導・食生活指導
歯垢が多くついているところの磨き方、歯間ブラシやワンタフトブラシなどの使い方の指導を行います。全身状態や食生活の改善について提案することもあります。

■どれくらいの頻度ですればよいの?


一般的に、最初の一年は3カ月ごと、それ以降は4~6カ月ごとのメンテナンスが勧められています。個人差があるため、担当医の提案に沿って通院してください。

■どれくらい費用がかかるの?


一般的に、1回あたり3,000~10,000円程度の費用がかかります。保険が適用されないため高額になる可能性があり、事前に確認しておくと安心です。

インプラントの10年保証などをうたっている場合でも、指導通りに受診してメンテナンスを受けることが前提条件となっていることが多いため、トラブルに備える意味でも、きちんと検診を受けましょう。

インプラントの寿命は、きちんとメンテナンスを行うかどうかに大きくかかっています。毎日のセルフケア、定期的な歯科医院のケア、両方をしっかりと継続し、今の良い状態をいつまでも保つようにし心がけてください。
■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!