歯科コラム

ここではインプラント治療の流れと工程についてご説明します。
手術の前にどういった検査を行うのか、手術の計画はどのように立てられているのか、当日の手術はどのように行われるのかなど。

事前に治療の内容を知りたい方や、あらためて治療の流れを確認したい方のために、インプラント治療の流れを詳しくご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

精密な検査と治療の計画

精密な検査と治療の計画

インプラント治療には大がかりな外科治療が必要になります。
また治療にかかる期間も長期に渡るため、あらかじめ患者様の全身の健康状態や口内環境をよく調べる必要があります。

そして最も重要であるのが顎の骨の状態です。上顎の骨は鼻の横にある大きな空洞とつながっており、下顎のなかには重要な神経が通っているため、精密な治療が求められます。よってCT(3Dレントゲン)で顎全体の精密な検査を行います。
通常であれば、インプラント治療を受けるためには一定の量の顎の骨が残っていなくてはいけません。

しかし顎の骨が少ない場合であっても、人工骨や体の一部の骨(自家骨)を顎の骨に足す手術をすることにより、インプラントを入れることを可能にする方法もあります。
また当日の手術は、レントゲンの画像をもとにコンピュータによる綿密な治療計画を立てていきます。実際の治療をシミュレーションしながら計画を立てていくため、安全な治療を実現することができます。

手術当日の流れ

手術はさまざまな事態を想定して準備を整えておりますが、手術当日は患者様の体調がとても重要になります。

そのため、もし万全でないと思われた時は手術の日程を遅らせることも可能ですので、ご心配なくお申し出ください。
ではここで手術の流れについてご紹介します。手術法は2つあり、治療計画の内容によって選ばれる手術法が変わってきます。

従来のインプラント手術
従来のインプラント手術は、まだ歯が残っているところに単数のインプラントを入れる際に行われる手術法です。

まず麻酔を行ったら、インプラントを入れる顎の骨がよく見えるように歯ぐきを切開し、粘膜や組織を骨から剥がします。そしてインプラントを入れるところにドリルで穴をあけ、インプラントを埋入したら最後に歯ぐきを縫合します。
手術の際に一定量の出血があり、治療時間が長くかかってしまうことから患者様の負担が大きくなってしまうデメリットがあります。しかし顎の骨がじかに見えることでインプラントを確実に入れることができる安全な手術法でもあります。
また、顎の骨を足す手術を行う際は切開と剥離を行わなくてはいけないため、その際もこの手術法が選ばれることになります。

切開と剥離をしない手術
歯ぐきの切開や剥離を行わないフラップレス(無切開・無剥離)手術は、すべての歯を抜いて一度に複数のインプラントを入れる際に行われる手術法です。
この手術法は歯ぐきを切らない代わりに、シミュレーションにより作製したサージカルガイドを使用して的確な手術を行います。

それによりインプラントを入れる場所のみ歯ぐきを切り抜き、出血も最小限に抑えてインプラントを入れます。
長時間の治療が困難な方や出血を抑えたい方に最適の手術法であり、また従来のインプラント治療よりも多くの工程を省略することもできます。

静脈内鎮静法の使用
インプラント手術では、インプラントを入れる本数が1本だけでも複数の場合でも静脈内鎮静法による麻酔を使用します。
静脈内鎮静法とは静脈に薬剤を点滴し、意識を朦朧とさせることにより恐怖心や痛みを無くす麻酔です。

これにより、多くの方が静脈内鎮静法により手術中の痛みや記憶がない状態で手術を終えることができています。
そのため手術中に緊張してしまう方や恐怖を感じてしまう方でも安心して手術を受けていただくことができます。

仕上げまでの工程

仕上げまでの工程

インプラントの手術後から治療が終わるまでの流れは、従来の手術を行ったあとと、フラップレス手術を行ったあとで変わってきます。
そのため従来の手術の場合と、フラップレス手術の場合とで治療が終わるまでの流れをご紹介します。

従来の手術後の場合
従来の手術後の場合、まず傷口がある程度治癒したら縫合を取ります。
その後、インプラントが安定するのを待つため数ヶ月ほど待ちます。インプラントが安定したのを確認できたら、インプラントに連結部(アバットメント)と上部構造(人工歯)を作っていき、装着の確認を行ってから完成させます。
治療の完了後は、定期的なメンテナンスを行っていきます。

フラップレス手術後の場合
フラップレス手術の場合、縫合の必要がないため糸抜きの工程は除かれます。
また手術直後にインプラントに義歯をつけるため、そのまま当日のうちに食事を摂ることが可能になります。

義歯はすでに完成している状態であるため、従来のインプラントに必要な工程はすべて省略することができ、治療後のメンテナンスを行うのみになります。

まとめ

インプラント治療において、歯周病は治療を困難にさせてしまう病気と言われていますが、歯周病にこそインプラント治療は必要と考えています。

実際に歯周病により歯が失われていくのをインプラントを入れたことで食い止めることができたように、歯周病だからと言ってインプラント治療を諦める必要はありません。
これまで他の歯科医院でインプラント治療を断られてしまったという方は、ぜひご相談ください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!