歯科コラム

歯を失った時にその部分を補うインプラント治療は、よく「自分の歯が甦った」というように例えられます。それほど自分の歯に近い感覚で噛めるようになるインプラントですが、実はアンチエイジングや若返り効果もあることをご存知ですか?特にこの点では他の歯を補う治療法であるブリッジや入れ歯に比べ、インプラントは格段に優れていると言えます。今回はインプラントをすることでなぜアンチエイジングの効果があるのか、について見ていきたいと思います。

歯を失うのはいつ頃から?

歯を失うのはいつ頃から?

歯が健康で良い状態を保っている人といのは、概して若々しく見えるものです。その逆に、歯を多く失っている人というのは、顔にもシワが多く、老けて見えます。歯科医院で多くの患者さんを見ていると、この差が歴然としていることがよくわかります。しかし、歯を失う場合、だいたいいつくらいから歯を失うことが多いのでしょうか。日本人の70歳時点での歯の残存数は平均で15本くらいという調査結果が出ています。歯を失っていない正常な歯の本数は28本(親知らずを除く)ですから、半分以上失っている、ということになります。

「自分はまだまだ歯はほとんど失っていないし、大丈夫、そうはならないだろう」と思っている人もいるかもしれません。実際歯を失い始めるのは多くの場合40歳くらいからが多いようです。そしてほとんどのケースでは、まず1本失うところから始まります。しかし、歯を1本失うところから、加速度的に歯をどんどん失うようになる、ということをご存知ですか?「まだ1、2本しか抜けてないしこのペースだったら年を取っても大丈夫だろう」と油断していると、あっという間に次々に抜けてしまう人が多いのです。

なぜ一本失うと、どんどん歯を失うことになる?

歯を1本失うと、なぜ次々に歯がダメになっていきやすいのでしょうか?その原因として、考えられるのは次のようなことです。

■歯が抜けたまま放置している

歯を失う場合、まず大臼歯という奥歯を失うことが多いです。この部分は外からはあまり見えることはありませんし、1本抜けただけなら、反対側で噛むことができます。そのため、このまま何もせずに放置してしまう人も結構な割合でいます。抜けた部分を放置していると、抜けた部分に向かって周囲の歯が倒れてきたり移動してきたりします。そうすると噛み合わせが崩壊していき、周囲の歯に異常な力がかかり始めます。また、噛める方の側にも過剰な負担がかかるようになります。このようなことが続くと、過剰な力がかかった歯が次々とダメになってしまうのです。

■ブリッジにした後負担が過剰になっている

歯を1本失った場合に行われる最もポピュラーな治療法はブリッジです。ブリッジは歯を失ってから比較的早期に入れることができますし、保険がきくので治療費の安さに惹かれて選択する人が多いようです。しかし、ブリッジには周囲の歯に多くのダメージがかかってしまう、という欠点があります。まず、ブリッジを入れるために、歯が抜けた両隣の歯を大量に削ります。そのことで虫歯に対する抵抗性が落ち、虫歯にかかりやすくなります。それに加え、抜けた部分にかかる力を両隣の歯が負担することになるので、力を過剰に負担することになってしまいます。もしも40代以降に多くの人がかかる歯周病にその部分がかかってしまった場合、過剰な力に弱い歯周病は加速度的に進行することになり、それが原因で歯を失うケースもよくあります。

インプラントは周囲の歯を傷めない

インプラントは周囲の歯を傷めない

上でご説明したように、歯を1本失うところからどんどん次々に歯を失うことにつながりやすい訳ですが、この負のループを食い止めるためには、インプラント治療が最も適しています。歯を失った後放置する、というのは論外ですが、ブリッジや入れ歯というのはどうしても周囲に負担をかけてしまい、それが原因で次々に歯を失うことになってしまいます。次々に歯を失うと、だんだんと歯を支えていた骨も減っていき、顔にハリがなくなって、シワが多くなって老けた顔になっていきます。インプラントは単独で歯を入れることができ、他の歯に過剰な負担をかけないので、次々に歯を失う、ということが最も起こりにくい治療なのです。

インプラントの若返り効果

インプラントは他の歯を失いにくいため、顎の骨の状態も若い時の状態のまま維持しやすく、顔のシワができにくいというのは大きなアンチエイジング効果であると言えます。そしてそれに加え、インプラントはしっかりと骨に埋め込まれているため、硬いものでもしっかりと噛むことができ、それによって脳に刺激を与え、認知症を予防します。また、よく噛めることで唾液中のパロチンと呼ばれる若返りホルモンが多く分泌されることもわかっています。そして、なんでも食べられるため、バランスよく食事ができ胃腸も元気になります。そしてさらには、インプラントの材質であるチタンは体の中で活性水素を発生させ、加齢現象を進めてしまう活性酸素を取り除く効果があるとも言われています。

このようにインプラントはいろんな面で若返り効果があると言えます。インプラントに興味のある方はぜひ吉岡歯科医院にご相談ください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!