歯科コラム

歯を失った場合の治療法にはいくつかあり、それぞれ自分に合った方法で歯を補う必要があります。しかし、なかなか治療法が決められない、忙しくて時間が取れない、というような理由で、歯が抜けたままにしている人もいることでしょう。多くの歯を失っている場合には、食事や見た目に支障をきたすのでかなり不便ですが、1本失ったくらいでは見た目に影響を及ぼさないことも多いですし、反対側で物が食べられるので、確かにあまり不便を感じないかもしれません。しかし、歯を失うということは、たとえそれが1本であっても噛み合わせや歯並びに影響を与え、それがやがて体の健康にも影響を与えることがあります。今回は歯を失うとどのようなことが起こるのか、インプラントをして噛み合わせを回復する利点はどのようなものなのか、インプラントの噛み合わせで注意すべき点などについてご紹介していきます。

歯を失うとどんな変化が起こる?

歯を失うとどんな変化が起こる?

歯を失うと、たとえそれが1本であったとしても、お口の中に変化が現れ始めます。歯並び・噛み合わせというのは全ての歯が揃っていてこそバランスが保たれているのですが、そのうちの1本でも抜けてしまうと、途端にバランスが崩れ、歯が移動したり、倒れてきたりして歯並びや噛み合わせに変化が起こり始めます。そうすると、残っている歯に無理な力がかかることでダメージが加わり、歯がどんどん悪くなってしまいます。また、しっかり咬めないことから顎の関節や顎の筋肉にも悪影響を及ぼし、顎関節症や、頭痛、肩こりのような不調の原因にもなります。そして、うまく咬めないことで胃腸にも負担がかかることになります。

多くの歯を失って、噛み合う場所がなくなってしまった場合、「噛む」という刺激が脳に伝わらず、脳の機能が衰えやすいので、認知症のリスクが高まります。また、食いしばることができないので、うまく力が入らないなど、運動能力にも影響します。そして、体のバランスも取りづらくなるため、ちょっとしたことで転倒しやすく、それが寝たきりにつながってしまうことがあります。

インプラントで噛み合わせを回復する利点

歯を補って噛み合わせを回復する治療法は、インプラント以外にもブリッジや入れ歯がありますが、それぞれに違う特徴を持っています。インプラントで噛み合わせを回復するのが他の治療法よりも優れている点として、「骨に埋まっていて、噛み合わせの力が直接骨に伝わる」ということが挙げられます。それゆえ、噛んだ感覚が最も天然歯のそれに近いので、最も患者さんの満足度も高いこと、また骨に刺激が直接伝わるため、他の治療法のように骨が痩せてしまうことがなく、骨の高さや幅を維持できるということなどが大きな利点だと言えます。顎の骨が痩せると、唇や頬のハリが失われ、顔にシワが増えて老けて見える原因にもなります。インプラントはそのような変化も防いでくれるため、常に若々しさを維持したい人にとっても最適な治療法だと言えるでしょう。

インプラントの噛み合わせで注意したいこと

インプラントの噛み合わせで注意したいこと

インプラントで噛み合わせを回復するのには多くのメリットがありますが、それと同時に注意しないといけないことがあります。それは、インプラントの骨への埋まり方が天然歯の埋まり方と違うことが関係しています。天然歯は骨に直接埋まっているわけではなく、「歯根膜」と呼ばれるクッションの役割をする組織を隔てて埋まっており、噛んだ刺激が歯根膜によって緩衝されています。また、強い力がかかりすぎると、歯根膜が痛みのサインを出し、私たちに教えてくれています。

しかし、インプラントにはこの歯根膜が存在しないため、噛み合わせが強くかかり過ぎても痛みとして感じづらく、強すぎるダメージが骨にかかって、骨を吸収させてしまう原因になるのです。インプラントを入れる際には、適切な高さに調整して入れるのですが、だんだんと使って行くうちに、他の歯もすり減ってくるため、定期的に噛み合わせのチェックをして、問題があればすぐに調整をする必要があります。

噛み合わせが悪い状態でインプラントは可能か

もともと噛み合わせが悪い場合、インプラントは可能なのでしょうか?インプラントは噛み合わせの調整に関してとてもシビアに行う必要があります。そうしなければせっかく入れたインプラントが早くダメになってしまいやすいからです。噛み合わせが悪い場合は慎重に行う必要があります。インプラントばかりに力が過剰にかかってもいけないですし、かと言って他の歯にばかりかかってしまうのもよくありません。

結局は噛み合わせの状態を歯科医師が見て、そこで判断して行くことになるのですが、噛み合わせがインプラントの状態に適していない場合、まず矯正治療で噛み合わせを治してから再検討した方が良い場合もあります。吉岡歯科医院ではインプラントを行う前に、精密にお口の状態をチェックしてから患者さんとじっくり相談をして、患者さんに取ってベストな選択肢を提案させていただいています。是非ご相談ください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!