歯科コラム

インプラントは非常に成功率の高い素晴らしい治療法ではありますが、他のあらゆる治療法と同様、メリットもあればデメリットもあります。ところが、インプラントの広告、宣伝文句などではメリットのみがアピールされ、デメリットについてはあまり触れられていないのが通常です。そのため、インプラントのメリットのみを見てインプラント治療を決断してしまう人も多く、実際に治療となると「こんなはずではなかった」という事態になってしまうこともあります。治療法を決める際には、その治療法のメリットだけでなく、デメリットも同時に知っておく必要があります。今回はインプラント治療のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは現在では認知度も高まってきているため、「インプラント」と言えば歯のインプラントを想像する人が多いことでしょう。しかし、実は、インプラントというのは体に埋め込まれる器具の総称であり、骨折の際に骨を固定するボルトや心臓ペースメーカー、豊胸手術のシリコンなども全てインプラントに含まれます。歯のインプラントは正式には「デンタルインプラント」という名前で、歯を失った部分の骨に人工の歯根を埋め込み、その上にセラミックを被せる治療です。歯を失った際に行われる他の治療法と違い、周囲の歯に負担をかけることなく単独で歯を入れることができること、自分の歯のように快適であることなどから非常に人気が高まってきている治療法です。


インプラントのメリット

■自分の歯のようによく噛める

インプラントは骨に直接埋め込みますので、物を噛んだ時の噛み心地がまるで自分の歯で噛んでいるような感覚が得られます。また、インプラントがしっかりと骨に固定されているので、硬いものでもよく噛むことができ、消化効率が良くなったり、脳へ噛む刺激が伝わることで脳の働きが良くなると言われています。さらには咀嚼筋や表情筋も鍛えられ、見た目の若返りも期待できます。

■他の歯に負担をかけない

インプラントは単独で歯を立てることができるので、ブリッジや入れ歯治療のように、隣接の歯を削ったり、隣の歯に強い力の負担をかけてしまうことがなく、他の歯の寿命を縮めてしまう心配がありません。

■審美性に優れる

インプラントは人工歯根を直接骨に埋め込むので、天然歯と見分けがつかないくらいの審美性が得られます。

■違和感がない

インプラントは入れ歯のように歯茎を大きく覆ったり、他の歯に金具がかかったりするような異物感で悩むことがありません。

■あごの骨を吸収させにくい

歯が埋まっているあごの骨は使われないと吸収して痩せてしまいます。そのため、入れ歯やブリッジの場合はあごの骨がどんどん吸収してしまいますが、インプラントは噛んだ刺激を人工歯根が骨に直接与えるため、骨の高さを維持してくれます。


インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

■手術が必要

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む必要があるため、手術を避けることはできません。そのため、全身疾患の状態によってはできない場合があります。また、手術後の腫れや痛みは多かれ少なかれ出ます。そして稀ではありますが、血管や神経、副鼻腔を損傷したりなどのトラブルが起こる場合もありますが、これはきちんとCT撮影をし、熟練した歯科医師が行えばほとんど起こることはありません。

■治療期間が長くかかる

インプラント治療は通常、インプラントを埋め込んでから最終的に被せ物が入るまで数ヶ月を要するため、他の歯を補う治療に比べると治療期間は長くなります。

■保険が効かない

インプラント治療は現在のところ、保険がきかないため、他の保険がきく治療法に比べると治療費が高額になってしまいます。

■メインテナンスがしっかりできない人には向かない

インプラントは治療中・治療後共にインプラント周囲炎を避けるためにメインテナンスをかなりしっかりと行う必要があります。家庭での念入りなプラークコントロールはもちろんのこと、歯科医院に定期的に通ってクリーニングを受けたり、噛み合わせの調整をしてもらう必要があります。

また、タバコはインプラント周囲炎の発症・進行を促してしまうため、喫煙者はインプラントがすぐにダメになってしまう可能性があります。そのため、通常は喫煙者にはインプラントは勧められません。

さらに、糖尿病、骨粗鬆症のような全身疾患はインプラント周囲炎を起こしやすくしてしまうため、健康的な生活をおくることを心がけてそのような病気にならないようにすることも大事です。

このように、インプラントにもさまざまなメリット・デメリットがあります。インプラントは優れた治療法ではありますが、人はそれぞれ違った環境で生きているため、全ての人にとってベストなわけではありません。自分にとってインプラントが合っているのかどうかをよく考えた上で、治療法を選択していくことをおすすめします。自分にインプラントが向いているかわからない、という方はぜひ吉岡歯科医院にご相談ください。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!