歯科コラム

吉岡歯科医院では、患者さんにとってベストなインプラントを行えるよう、複数のインプラントシステムを採用しています。今回は、その中でも、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)によって「骨が不良な部位における治癒実績を改善した唯一のインプラント」とお墨付きをもらった、骨の状態が良くない場合に特に好成績を残している「3iインプラント」についてご紹介していきます。

3i(スリーアイ)インプラントとは

3i(スリーアイ)インプラントとは

3iインプラントはアメリカのジンマー・バイオメット(Zimmer Biomet) 3i社が提供しているインプラントシステムで、インプラントシステムの中で世界第3位のシェアを誇り、自国アメリカではナンバーワンメーカーで、現在人気が急上昇しているインプラントシステムの一つです。

ジンマー・バイオメット社はアメリカのインディアナ州を拠点とする整形外科などの筋骨格系のヘルスケア商品を扱う会社で、歯科インプラントに関しては同国、フロリダ州に拠点を置いて、高水準な品質のインプラント製品の研究、開発、カスタマーサービスを行なっています。

3iインプラントの生みの親は、Dr.Richard J. Lazzaraという歯周病専門医で、自身の歯周病治療の経験を元に、他のどこのインプラントメーカーよりも、適合性、審美性に優れたインプラント治療を提供したいと考えました。そして、「よりシンプルに使用でき」「より治療期間を短くでき」「より予知性を確実にする」インプラントを製作することを目指し、現在も改良が加えられ続けています。

インプラントの研修や技術セミナーなどにおいても、講師を務める歯科医師が実演の際に3iインプラントシステムを使用することも多く、歯科医師の間でも評価が高いことを表していると言えます。

3iインプラントのいいところ

■骨の条件が悪い場合により一層力を発揮する

3iインプラントの表面には、骨とインプラントの結合「オッセオインテグレーション」を高めるために、特許を取得した「オッセオタイト」と呼ばれる特殊加工がなされています。これが3iインプラントの最大の特徴であるとも言えるでしょう。オッセオタイト加工の表面は、大変細かで均一なザラザラした構造になっており、この細かな突起の間にフィブリン(血液凝固に関わるタンパク質で、血の塊の原料となるもの)がよく絡まりやすくなることで、インプラントと骨の結合が促進され強固に結合するようになる、とされています。オッセオタイト表面では、特に、骨の質が悪い場合に骨形成が増大するという利点が次々に報告されています。

研究報告においても、1000人以上の患者さんに対し、2500本以上の症例で使用された3iインプラントの成功率は、5年間の平均成功率で97.2%、柔らかい骨や薄い骨のような条件の悪い骨においても98.6%という、大変高い成功率を記録しました。

■初期固定(プライマリースタビリティー)に優れている

3iインプラントのいいところ

3iインプラントシステムでは、インプラントを埋めるための穴と、インプラント体が隙間なくフィットする、つまりインプラント表面が骨と接触している割合が高くなるようになっており、初期固定に優れています。インプラント治療で失敗する場合、初期固定不全が原因であることが多く、しっかりとした初期固定が得られるのはインプラントを成功させる上で大変重要な要素となっています。インプラント体が骨にぴったりと合うことで、しっかりと固定されるだけでなく、骨を作る細胞が移動する距離を短縮させることができ、骨の結合をより早めることができるようになります。

■骨吸収が起こりにくく審美的

3iインプラントシステムでは、カラー部(インプラント体の上部)にもオッセオタイト表面加工を施し、骨の吸収を起こりにくくしてインプラント周囲炎を抑制する利点があります。そのため、骨や歯茎の下りを防ぎ、審美的なインプラントを実現することが可能になるため、インプラントの見た目の美しさを維持したい、という人に大変向いていると言えます。

■短いインプラントでも可能

従来のインプラントでは、ある程度の長さがないと、しっかりと固定されず抜け落ちてしまう、というのが当たり前で、インプラントを諦めなければならなかったり、骨を増やす手術をしなければなりませんでした。ですが3iインプラントの場合、インプラントと骨の親和性に優れていて固定力が強いため、短いインプラントでも対応できるケースが多くなります。

■大手メーカーである

3iインプラントは、世界的に人気のあるメーカーである、ということと、本社は整形外科のヘルスケア製品を取り扱う大手企業であるため、会社が倒産してなくなる、というリスクが少ないと言えます。小さな会社のインプラントでは、メーカーが倒産してしまい、インプラントのパーツを交換する際などに、パーツがなくて困ったことになる可能性もあります。インプラントは一度入れると、10年、20年と長持ちさせることができるものです。そのため、インプラントを入れる際には、安心できるメーカーか、ということも十分考える必要があります。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!