歯科コラム

インプラント治療は、外科手術を伴う治療のため、全身疾患など体の状態によっては注意を必要としたり、受けられなかったりする場合があります。糖尿病もその中の一つで、重度な糖尿病の場合、インプラント手術を受けられないこともあります。今回は糖尿病の人がインプラントに関して注意するべきことについて解説していきます。

糖尿病の人はインプラントが失敗に終わるリスクが高い

糖尿病の人はインプラントが失敗に終わるリスクが高い

■糖尿病とは?


糖尿病というのは、膵臓からのインシュリンというホルモンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなったりすることで、糖を分解できなくなり、血糖値が異常に高まって、様々な合併症を起こしてしまう病気です。遺伝的な体質に加え、過食や運動不足、ストレス、肥満などの生活習慣が要因となって発症するとされていますが、日本人ではもともと遺伝的にインシュリンの分泌が弱い人が多いため、誰にとっても無関係な病気とは言えません。中高年以降にかかる人が多いですが、最近では若い世代でも発症する人が増えていると報告されています。

■糖尿病の人はなぜインプラントがうまくいきにくい?


糖尿病の人はインプラントをダメにしてしまう病気「インプラント周囲炎」にかかりやすくなるため、インプラントが失敗に終わるリスクが高くなります。

糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、体の免疫機能が低下し、感染症にかかりやすくなるため、お口の中では歯周病のリスクが非常に高まることになります。また、高血糖の状態は歯茎の血管を弱らせ、歯茎を作っているコラーゲン繊維を減らしてしまうこともわかっています。つまり歯茎の状態を悪くさせ、治りを悪くしてしまいます。また、糖尿病になると唾液の分泌が減り、お口の細菌も繁殖しやすい状態になります。これらのことから、糖尿病の人は歯周病リスクが高くなります。

インプラント周囲に起こる歯周病のことを「インプラント周囲炎」と呼んでいます。インプラント周囲炎は歯周病と同じように、インプラントを支えている骨や歯茎を破壊し続けるため、最終的にはインプラントが脱落する原因になリます。


糖尿病の人がインプラント手術を受けられる基準

糖尿病の人は、インプラントがダメになるリスクが高くはなりますが、全ての糖尿病の人がインプラントを受けられないわけではありません。糖尿病が軽度で、血糖値のコントロールがしっかりとなされているようであれば、インプラント治療を受けることは可能です。

糖尿病の人がインプラント手術を受けられる基準の参考となるものとして、

●他の臓器の重篤な合併症がないこと
●HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー:過去1ヶ月の平均的な血糖値)が6.9以下 
●空腹時血糖値140mg/dl 以下
●尿ケトン体(—)

と、厚生労働省の歯科インプラント治療指針に記載されており、この基準をクリアしていれば、概ね大丈夫だと考えてよいでしょう。ただし、インプラントを埋めたらそれで終わり、ではありませんので、長期で良い状態を保つ為には、インプラント治療が終わってからも血糖値のコントロールに注意し、糖尿病を進行させないことが必要です。


糖尿病の人がインプラント治療に際し注意しておきたいこと

糖尿病の人がインプラント治療に際し注意しておきたいこと

■糖尿病であることを歯科医師に伝えておく


糖尿病の人は、問診時に必ず担当歯科医師にその旨を伝えておくようにしてください。特に、インシュリンの自己注射をしていたり、血糖降下剤を服用していたりする場合には、そのことも必ず担当歯科医師に伝えましょう。もし、糖尿病が進行している場合には、インプラントの失敗リスクが高くなる為、糖尿病の状態が改善されるまでインプラント治療を行わない、という選択をせざるを得ない場合もあります。でもこれは、「インプラントが骨にくっつかない」、というような失敗を避ける為ですので、糖尿病の状態はできるだけ正確に伝えるようにしましょう。

■口の中を良好な状態にしておく


糖尿病の人は感染リスクが高まっているので、感染のリスクを低くするために、手術の前に特にお口の中の状態を良好にしておく必要があります。歯周病にかかっている人は、インプラント手術の前にしっかりと治療し、状態を改善しておく必要があります。最近では、糖尿病が歯周病を悪化させるだけでなく、逆に歯周病が糖尿病を悪化させる作用があることもわかってきています。歯周病をしっかりと治療することで糖尿病が改善した、という報告も多くあり、そのような意味でも歯周病ケアをしっかりとしておくことが大事です。

■手術当日のインシュリン注射、内服薬について担当医に確認しておく


インプラントの手術後は、傷口の痛みや腫れのせいで、いつも通りの食事が摂りにくくなります。そのような場合に、通常通り決まった時間に内服薬を飲んだり、自己注射を打ったりしてしまうと、血糖値が下がり過ぎてしまって低血糖症状が出てきてしまう恐れがあります。そのようなことを避ける為にも、手術の前にあらかじめ、内科の担当医にどうすれば良いのか、確認しておく必要があります。

■ 歯科コラム バックナンバー一覧

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!