歯科コラム

歯を失うと「どの治療法で歯を補おう?」と誰しも悩むものです。歯がきちんと揃っている時には歯を失った時のことなど通常は考えませんので、急に歯を失うことになった人ほど急に選択を迫られ、なかなか冷静にどの治療法が良いか考えられないかもしれません。今回は歯を失うことになった場合に迷うことの多い、インプラントと入れ歯について、両者の違いについてご紹介していきます。

コラム全文を読む

インプラントは歯を失った場合に、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療法です。そのため、インプラントを埋める骨の高さや幅がある程度ないと、インプラントを埋めることができません。もしくはたとえ無理やり骨のないところに埋め込んだとしても、土が足りない部分に木を植えても安定しないように、すぐに抜け落ちてしまいます。しかし、骨が足りないからといってあきらめる必要はありません。骨が足りない場合でもインプラント手術が行えるようにする方法というのがいくつかあります。どんな方法があるのか、見ていきましょう。

コラム全文を読む

歯を失った時に新たな歯(人工歯)を埋め込むインプラント治療、興味のある方もとても多いことでしょう。他の歯を補う治療に比べ、治療後の快適さ、お手入れの楽さというのはダントツに優れているインプラントではありますが、皆さんがどうしても引っかかってしまうのが、インプラントの「手術」ではないでしょうか。「手術」と聞くだけでなんだか怖いイメージがありますし、しかもインプラントの場合、歯茎を切るだけでなく、骨も削らなければなりません。そのため、インプラント治療について知れば知るほど「手術」という点で尻込みをしてしまっている人も多いようです。しかし実際、インプラント手術は、痛みを感じさせない状態で行われますし、手術時の不安でさえ感じないようにすることができるのです。手術後の痛みに関しても、手術後の注意事項を守っていただくことで回避することができます。詳しく見ていきましょう。

コラム全文を読む

インプラント治療は他の歯を補う治療と比較すると、高額な治療費がかかりますし、手術をしなければならないというデメリットがあります。しかも他の治療に比べて、インプンラントと骨がくっつくのを待たなければならず、治療期間も長くかかります。それにもかかわらず、インプラント治療を受ける人というのは年々増加しており、吉岡歯科医院でもますます人気が出てきています。インプラントを受けた患者さんの満足度も他の治療に比べて高く、一度インプラント治療を受けた人は、やむを得ない事情がない限り、またインプラント治療を選ぶことがほとんどです。今回はインプラント治療がなぜこんなに評価が高いのか、その理由についてご紹介していきます。

コラム全文を読む

歯医者さんで通常行われる画像診断としては、歯を1本ずつ撮影した小さなレントゲン、そしてお口全体を撮影した大きなレントゲンが思い浮かぶことでしょう。このようなレントゲンが歯科医院では最も一般的ですが、最近ではこのほかに歯科用CT撮影装置を置いている歯科医院が徐々に増えてきていきます。もちろん吉岡歯科医院でも院内に歯科用CT装置を備えています。

CT装置というと、医科では結構昔から導入されていましたが、歯科で個人歯科医院に取り入れられ始めたのは比較的最近になってからです。それはインプラントが盛んに行われるようになり、インプラントにCTが必須と考える歯科医院が増えているというのも大きな理由として言えるでしょう。今回はそもそも歯科用CTとはどのようなものなのか、医科のCTとはどのように違うのか、そしてなぜインプラントにCTが必要なのか、ということについて解説していきたいと思います。

コラム全文を読む

歯のインプラント治療というのは、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋めて人工歯をかぶせ、噛む機能、見た目を回復する治療法です。一旦埋め込んで噛めるようになると、その快適さ、自然な噛み心地や見た目から、それが人工物であることを忘れてしまう人も多いようです。しかし、インプラントがまるで天然歯のように機能すると言っても、その構造、骨や歯茎とのくっつき方というのは天然歯と違いがあり、その特徴に気をつけてお手入れをしないと、口臭の原因になってしまうことがあります。今回はインプラントが口臭の原因になってしまう場合とはどのようなものか見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

「歯がダメになったら、もしくは抜けてしまったら、インプラントをすればいい」と考えている人もいることでしょう。インプラントは歯を失ったところにチタン製の歯根を埋め込む治療で、患者さんの満足度も高く、とても良い選択肢の一つです。しかし、場合によってはインプラントをしなくても「歯の移植」や「歯の再植」という方法で解決できる場合もあります。今回はインプラント、歯の移植、歯の再植について、それぞれどんなケースで行われるのか、それぞれの特徴について比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

歯がなくなったらもう総入れ歯しかない、と思っていませんか?もしくは全ての歯をインプラントしたら手術も大変そうだし、ものすごくお金がかかるだろう、と思い込んでいる人もいるかもしれません。元々の歯の本数分インプラントを入れるのか・・となると誰でも腰が引けてしまうのは無理もないと思います。しかし、全て歯を失った場合でも、それほど手術の負担、金額の負担なしにインプラントできる「オールオン4」と呼ばれる治療法があるのをご存知ですか?しかも手術をしたその日から見た目の回復、噛むという機能の回復が可能になります。今回はこのオールオン4という治療法についてご紹介していきます。

コラム全文を読む

女性にとって、妊娠というのはなかなか計画通りにいかないことも多いものです。子供が欲しくてもなかなか妊娠できない場合もあれば、思ってもいなかったタイミングで妊娠することもあります。女性にとって妊娠というのは、体が色々と変化するだけでなく、お腹の赤ちゃんの健康状態にも気をつけなければならないデリケートな時期です。それゆえ、子供を望んでいる女性がインプラントのような大掛かりな歯科治療を望んでいる場合、妊娠時期とインプラントの手術の時期が重なっても大丈夫なのだろうか?と不安に思うのは当然のことだと言えます。実際、吉岡歯科医院でもこのような質問を受けることはあります。そこで、今回は、妊娠中でもインプラント治療をすることは可能なのか、妊娠中に行っても問題ない歯科治療にはどのようなものがあるのか、
インプラント治療中に妊娠が発覚したらどうすれば良いのか、ということについて解説していきます。

コラム全文を読む

歯を抜かなければならなくなった時、歯を補う治療法をどうしようか、と悩むのはほぼ全ての人が通る道です。歯を1本失った場合は、特にインプラントにするかブリッジにするか迷う人が多いと思います。しかし、この二つの治療法はそれぞれに全く違う特徴を持った治療法で、どちらが合っているのか、というのはそれぞれのお口の状態によっても違います。今回は、歯を失ってインプラントにするかブリッジにするか悩んでいる人のために、それぞれの治療の特徴について、また自分に合った治療法を選択する目安についてご紹介していきたいと思います。

コラム全文を読む

1 / 712345...最後 »

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!