歯科コラム

インプラント手術といっても、特に近年では様々なインプラント手術が開発されていることもあり、手術方法は実に様々で複雑に見えます。そのため、どんな風に手術が行われるのかインターネットで調べたとしても、いまいちよくわかりにくいことでしょう。ですが、どんなに複雑に見えるインプラント手術でも、大まかな手法としては、基本的に1回法か2回法かのどちらかで行われています。

この回数の違いというのは「手術が何回行われているか」というのを意味していますが、それだったら1回法の方がいいだろう、と思ってしまいそうですね。ですが実際そう単純なものではなく、それぞれの手術には症例によって向き・不向きというのがあります。

吉岡歯科医院でも、患者さんのそれぞれの症例に応じ、最適な治療法を選択しています。今回はインプラントの手術法である1回法、2回法について、それぞれどのようなものなのか、それぞれのメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきたいと思います。

コラム全文を読む

インプラントは、歯を失った顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に被せ物をする治療法です。インプラントは成功率が高い治療で、患者さんの満足度も高いことから、次々に歯科医院が新しく取り入れていっています。このように、一昔前では限られた歯科医院でしか受けられなかったインプラント治療ですが、今現在では受けられる歯科医院が増えて、患者さんとしてもインプラントが身近なものとなり、大変便利になったと言えるでしょう。ですが、どんな治療にも100%ということはあり得ません。成功率が高いインプラントではありますが、中には「失敗」と呼ばれるような結果に終わることもあります。

インプラント治療の成功率は95%以上とされており、非常に高い成功率と言えます。ですが、数少ない失敗例として、次のようなものが挙げられます。

コラム全文を読む

歯を失った場合の治療法にはいくつかあり、それぞれ自分に合った方法で歯を補う必要があります。しかし、なかなか治療法が決められない、忙しくて時間が取れない、というような理由で、歯が抜けたままにしている人もいることでしょう。多くの歯を失っている場合には、食事や見た目に支障をきたすのでかなり不便ですが、1本失ったくらいでは見た目に影響を及ぼさないことも多いですし、反対側で物が食べられるので、確かにあまり不便を感じないかもしれません。しかし、歯を失うということは、たとえそれが1本であっても噛み合わせや歯並びに影響を与え、それがやがて体の健康にも影響を与えることがあります。今回は歯を失うとどのようなことが起こるのか、インプラントをして噛み合わせを回復する利点はどのようなものなのか、インプラントの噛み合わせで注意すべき点などについてご紹介していきます。

コラム全文を読む

インプラントは、他の歯を補うブリッジや入れ歯のような治療法に比べて、治療期間が長くかかる治療です。歯が抜けているところは早く歯を入れてしまいたい!と思うかもしれませんが、インプラントと骨がしっかりくっつくまではじっくり待たなければならないのです。しかし、歯がないままだと、日常生活に影響が出てしまうこともあります。そんな場合には仮歯を入れることができますが、仮歯は最終的な人工歯と違い、色々と注意すべき点があります。また、仮歯のタイプによっては最終的な人工歯を作る上で非常に重要になってくるものもあります。今回はインプラントの仮歯について詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

インプラントは、歯を失ったあと、まるで自分の歯のように噛めるようになる、素晴らしい治療法です。歯が抜けたらインプラントをしたいと考えている人も多いことでしょう。しかし、インプラントは手術が必要であり、体の中に埋め込むという特性上、治療に特に注意が必要なケースやリスクを伴うケースというものがあります。今回は、インプラントを行う上で特に注意が必要な場合やリスクを伴う場合にはどのようなものがあるのかについて解説してきます。

コラム全文を読む

歯科のインプラントは人工歯根のことですが、このインプラントは骨の中に埋め込まれたあと、骨と結合して一体化し、インプラントに加わった力が骨に直接伝えられるようになります。この現象を「オッセオインテグレーション」と呼びますが、このオッセオインテグレーションが起こることにより、インプラントが抜け落ちてしまうことなく、しっかりと「噛む」ということができるようになります。今回はインプラントのオッセオインテグレーションとはどのようなものか、詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

歯医者に行くのが怖くて歯医者に行くのを避けているうちに、だんだん歯がボロボロになってしまった、という人もいるのではないでしょうか。そのような人にとって、歯医者で手術を伴うインプラント治療を受けるというのは、非常にハードルの高いことに感じられるかもしれません。ですが最近では、歯の治療も昔に比べて随分痛みを伴わずにできるようになってきていますし、歯科治療時の不安や緊張を取り除く方法というのもあります。早速見ていきましょう。

コラム全文を読む

インプラントは、自分の顎の骨に直接埋め込むため、噛んだ刺激が直接骨に伝わり、最も自然な噛み心地を実現できる治療法だと言えるでしょう。他の治療法では得られれないこの「自分の歯のような噛みごこち」がインプラントの醍醐味ですが、実はインプラントは他の歯や骨にとっても負担のかからない、とても優しい治療法だということをご存じですか?

コラム全文を読む

インプラントが他の歯を補う治療法と一番違うのは、あごの骨という「生体」に埋め込んである点です。つまりインプラントは自分の体の一部になっているため、それだけデリケートであり、入れ歯やブリッジなどの治療法に比べて、外来からの様々な要因によってダメになってしまいやすいことを知っておく必要があります。ただし、過剰にビクビクすることはありません。どのようなことがインプラントをダメにしてしまうのか、ということをしっかりと覚えておき、そのようなことが起こらないように注意していけば、インプラントは何十年でも持たせられる治療でもあるのです。今回はインプラントを長持ちさせるために知っておきたい、インプラントをダメにしてしまう様々な原因について詳しくご紹介していきます。

コラム全文を読む

インプラント治療を想像するとき、歯を失ったところにインプラントが入り、元のようにしっかりと噛めるようになっている姿を想像するかもしれません。ほとんどの場合、インプラントは最終的にはそのような結果になり、なんでも美味しく食べられる喜びを味わえるようになることでしょう。ですが、インプラント治療というのは手術を行いますので、その手術中には様々な大小のトラブルが起こりうるものです。そしてインプラントが無事に入ってからも噛む機能を果たしているうちに被せ物やインプラント体になんらかのトラブルが起こることもあります。インプラント治療を考えている人は、インプラントでどのようなトラブルが起こる可能性があるのか、ということをあらかじめ知っておくといざという時に慌てないで済みます。そこで、今回はインプラント治療において起こりうるトラブルについて、詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

1 / 512345

吉岡歯科医院オフィシャルサイト

吉岡院長の治療説明や最新歯科治療について紹介しています!